「今後の働きやすさ」を第一にされては? - 三島木 英雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

三島木 英雄 専門家

三島木 英雄
ファイナンシャルプランナー

1 good

「今後の働きやすさ」を第一にされては?

2012/01/02 20:09

ぽちのしっぽ様

扶養内の問題はとても切実なテーマですが
来年以降、扶養内で働ける人は減少させていくことが
政府の方針ですから、遅かれ、早かれかと思います。

月12万円ですと、会社によっては厚生年金・健康保険に
してくれて、会社と折半することも可能なのですが
現在の会社は、1号被保険者という国民年金と国民健康保険で
お願いね、ということですね。


年収145万で扶養から抜けることが損かどうかですが
私は、先を見据えれば決して単なる損ではないと思います。

103万以内の扶養というものも、消費税増税時期ごろには
撤廃される方向性は出ていますし、週20時間以上の
アルバイトも厚生年金加入義務等も開始されると思います。


今現在の制度で、無理に働き方を抑えれば
今後の時代の変化に対応できなくなる人が多くでると
私は想像しています。

ですので、数年後には制度が変わっている前提で
私は今の職場環境が良いのであれば決して損ではないと思います。
仕事を変える事によるストレスなどもありますし
今のご時世ですと、結構待遇はあまりよくないですしね。


扶養内から145万にアップした際ですが
まず、ご主人様の年収が少し下がります。
配偶者控除というものが無くなりますので38万円分の所得控除が
なくなります。
仮に所得税率10%であれば、住民税と合わせて7万程度年収が下がります。

また奥様の収入は仕事が増える分上がりますが、国民年金と国民健康保険
所得税、住民税で概ね年間30万程度の負担がありそうですね。

合計すれば世帯で42万円の収入増に対して37万の負担増になりそうです。

金銭的にはマイナスではありませんが、仕事増加分をどう考えるかですね。


私個人的には「今後の働きやすさ」を第一に考えて
扶養から外れる等は、いずれ変わることですし
2番目に考えることになる今後だと思います。
今後も踏まえて、水面下で社会保険完備の会社の面接を開始
しても良いかもしれませんね。


ご参考になれば幸いです。


株式会社FPリサーチパートナーズ
http://www.fp-research.jp/

パート
社会保険
国民年金
配偶者控除
所得税

回答専門家

三島木 英雄
三島木 英雄
( 神奈川県 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役
044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

理想のライフスタイルを現実化するファイナンシャルプランナー

「住まいと暮らしに新発想」をテーマにお客様に様々な選択肢を提供しております。お客様により「理想」は違います。実経験を基に「不動産・相続」等の難しい問題から、知って得する「ライフプラン・保険」情報まで幅広くアドバイス・問題解決させて頂きます。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

扶養を抜けた方がいいのか悩んでいます。

マネー 家計・ライフプラン 2012/01/02 17:13

現在、主人の扶養内で働いています

主人の会社では103万を超えたら扶養は抜けますといわれています

今の勤務状態ですと103万で抑えようとするとどうしても仕事がこなせず
かなり無理… [続きを読む]

ぽちのしっぽさん (三重県/44歳/女性)

このQ&Aの回答

損得勘定の壁の外を見て 近江 佳美(ファイナンシャルプランナー) 2012/01/02 20:04

このQ&Aに類似したQ&A

マンション購入と出産について 凛♪さん  2008-09-09 15:32 回答5件
身の振り方がわからない、決められない りょっちさん  2008-07-24 03:57 回答4件
借金返済のための家計の見直しについて mugicyaさん  2012-08-06 23:48 回答1件