プロはしたたかに生きている。どこかで。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
上田善隆

上田善隆
広告プランナー

- good

プロはしたたかに生きている。どこかで。

2011/07/03 01:11

オフィスゼンリュウの上田です。
ここではクリエーターの心得を言うつもりはありません。

紙媒体の仕事が確かに減っています。これからもその方向は変わらないでしょう。
素人がパソコンで簡単にそれなりのデザインができ、しかも安価に印刷できる時代ですから
中途半端なプロは淘汰されていきます。
それでもグラフィックデザイナーとして、やっていきたいと思うなら、企業の宣伝部に入社するのが
一番手っとり早いでしょうね。
私は電通のクリエイティブ局にいましたが、10年前にあるメーカーに呼ばれて広報部に入りました。
ここでは、広告に関することは、ほとんどのことを広告代理店にいる時以上に経験しました。
広告代理店に依頼すればコストが上乗せされるので、すべての広告物を自社で制作し、
代理店に頼むのはテレビや新聞というような、媒体を買うことだけに絞っていたからです。

企業は利益を追求します。
昔と違って、コンピュータのおかげで、人出をかけずに何でもできる時代です。
パンフレット、ポスター、新聞広告、折り込み広告、DM等を制作するのに、数名で行っていた仕事が、
今ではひとりでしかも短時間で作れてしまいます。
したがって企業は、規模にもよりますが、こういった広告のプロを一人か二人雇用するだけで
十分に宣伝活動をやっていけるのですから。
しかも外部に依頼するのではなく、内輪で相談しながらデザインできる方が、企業にとって好都合ですからね。

つまり広告のプロは死んではいません。企業に入り込んでしたたかに生きているのです。

宣伝部が未成熟の企業を狙って自分をプレゼンテーションしてみてはいかがでしょう。
これも一つの生き方だと思います。

補足

まだ書いている途中ですが、私が、ある企業にいた経験を本にしています。参考になればご覧ください。
http://bccks.jp/#B23772,P0

グラフィックデザイナー
制作
クリエイティブ
広告
活動

(現在のポイント:18pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

紙媒体クリエイティブの環境

法人・ビジネス クリエイティブ制作 2011/07/02 16:52

私は地方のデザイン事務所を経てCDジャケットやファッションの仕事がやりたくて上京し、
ここ10年程、絵やデザインなどで活動してきました。
この世界観でしか仕事はしないという見せ方をしていたの… [続きを読む]

omoshiroikotoさん (東京都/32歳/女性)

このQ&Aの回答

まだまだチャンスはあると思います。 眞鍋 アキヒロ(クリエイティブディレクター) 2011/07/04 16:52
プロのクリエイターに求められるもの 妹尾 みえ(ライター) 2011/07/02 21:37
自分が本当にやりたいことを考えてみては! 田中 喜澄(クリエイティブディレクター) 2011/07/04 10:11

このQ&Aに類似したQ&A

デザイン料金の一般体系 ohagi2778さん  2010-06-01 13:18 回答4件
デザイナーにとって必要なものは何でしょうか? Green Peasさん  2010-03-20 00:30 回答2件
デザインの評価が低くて悩んでいます カヨコさん  2009-03-13 22:18 回答5件
デザインの重要性を理解してもらえません 専門家プロファイルさん  2008-12-26 11:25 回答3件
SOHOでのデザイン制作をする際 nature_lunchさん  2013-09-27 18:31 回答1件