プロのクリエイターに求められるもの - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
妹尾 みえ

妹尾 みえ
ライター

6 good

プロのクリエイターに求められるもの

2011/07/02 21:37

はじめまして、妹尾みえと申します。
私も紙媒体を中心に長くフリーで活動して参りました。
フリーで活動している皆さんは
やはりこのところ、多かれ少なかれ、かなり苦労されているようです。
私自身も将来に不安を感じることがあります。

新しいハードウェアが次々に登場するので
どうしても翻弄されてしまいますね。

デザイナーにしろ、イラストレーターにしろ、カメラマンにしろ、ライターにしろ
この世界で生き残るには2つの道があると思います。

まず一つは、アーティストになることです。
あなたに是非頼みたいというスキル、テイストを持つことです。

もう一つは、どんな仕事であっても企画意図を汲み
限られた条件の中で、“よいもの”を創り上げる力
これもまたプロフェッショナルのスキルです。

ほとんどの場合、フリーは後者だと思われます

私は以前ライターの先輩から「自分を出すのか、出さないのか中途半端」だと
指摘されたことがあります。
小説家やエッセイストではないのですから
頼まれた原稿は、指示に沿って仕上げる、時には相手のテイストに合わせて書く、
これもとても大事なことなのです。

デザインでも同様で、よりよい誌面やサイトになるよう
提案をする姿勢は保ちつつも
クライアントの意向をくんで
その中でベストを尽くすこともまた
立派な仕事でしょう。

いずれのスタイルで仕事をするにしても
自身の物の見方を持つことはとても大切なことです。
しかし、このスタイルでしか仕事をしないと決めているのであれば
いわゆる「売れっ子」にならない限り
仕事の機会は多くなることはないでしょう。

omoshiroikotoさんは、ずっとデザイナーとして
生きていきたいのでしょうか。
それとも、CDとファッション関連の仕事だけをしたいのでしょうか。

もしずっとデザインを通じて誰かが喜ぶ仕事がしたいのであれば
様々な分野のデザインにチャレンジするのは
決してムダなことではないように思います。

一所懸命取り組んだことは、決してムダにはなりません。
必ず未来の自分に生きてきます。
なんでもやります!と看板を掲げるのが心配なら
ここだけは魂を売らない、という線を引けばいいのです。

その過程で、どうしても表現したいことがあるなら
いつか必ず自分の中から、創りたい気持ちがわきおこってくるはずです。

補足

そうではなく、ご自身の世界観を大事にする
ある意味、好きなことだけをしたい、
それでもデザインがしたいと考えるのであれば
他の仕事をしながらでも続けるべきしょう。

考えもしなかった職種の会社で
デザインの腕を買われることがないとは言えません。

インディーズ・バンドのCD制作のヘルプをしたり
誰かが洋服屋さんを始めるときに
一緒にクリエイトしたりする機会もあるかもしれません。

「普通にサイト創ったりできるスキルはありますが」とのことですが
この世界は日進月歩。普通とはどの程度なのでしょうか。

厳しいようですが、
仕事がないのは、なぜだと考えていますか。
営業はしましたか?
仕事の内容を選んでいるからですか?
出会った方たちとの関係を大事にしてきましたか?
とにかく世の中が悪いから?
それとも、自分に実力がないからでしょうか?

そのあたりも一度、突き詰めて
次に進まれることをおすすめします。
まだ32歳とお若いのですから
自分を決めつけてしまうのはもったいないですよ。

私の先輩たちでも、まだまだ勉強、勉強です。

私は30代になってやっと自分はプロのライターだと
胸を張って言えるようになりましたし
編集担当者にも「文章が前と変わりましたね」と言われたのも
30代になってからです。


私自身は、紙媒体にもWEBにも理解あるデザイナーさんが
いればぜひご一緒させていただきたいと考えます。
紙媒体がなくなってしまうことはないと思います。
紙かWEBかではなく、もっと違う媒体が出てくることも十分考えられます。

その過程で
一つひとつ期待に応える仕事をし
人とのつながりを大事にする人には
少なからず仕事のチャンスがめぐってくるものと感じます。


どうぞ当初の夢をもう一度、思い起こし
omoshiroikotoさんのスキルを活かす道を
歩んでいってください。

表現
媒体
クリエイター
ライター
原稿

(現在のポイント:18pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

紙媒体クリエイティブの環境

法人・ビジネス クリエイティブ制作 2011/07/02 16:52

私は地方のデザイン事務所を経てCDジャケットやファッションの仕事がやりたくて上京し、
ここ10年程、絵やデザインなどで活動してきました。
この世界観でしか仕事はしないという見せ方をしていたの… [続きを読む]

omoshiroikotoさん (東京都/32歳/女性)

このQ&Aの回答

まだまだチャンスはあると思います。 眞鍋 アキヒロ(クリエイティブディレクター) 2011/07/04 16:52
プロはしたたかに生きている。どこかで。 上田善隆(広告プランナー) 2011/07/03 01:11
自分が本当にやりたいことを考えてみては! 田中 喜澄(クリエイティブディレクター) 2011/07/04 10:11

このQ&Aに類似したQ&A

デザイン料金の一般体系 ohagi2778さん  2010-06-01 13:18 回答4件
デザイナーにとって必要なものは何でしょうか? Green Peasさん  2010-03-20 00:30 回答2件
デザインの評価が低くて悩んでいます カヨコさん  2009-03-13 22:18 回答5件
デザインの重要性を理解してもらえません 専門家プロファイルさん  2008-12-26 11:25 回答3件
SOHOでのデザイン制作をする際 nature_lunchさん  2013-09-27 18:31 回答1件