住宅購入のためのローンについて - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

2 good

住宅購入のためのローンについて

2011/06/08 14:40

flexiblepenさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『このくらいの家庭の所得だと、
どくのらいの借り入れだと無理なく返済できるものでしょうか?』
につきまして、

flexiblepenさんのように、
ご主人様が高額所得者の場合、
flexiblepenさんの収入は合算しないで、
ご主人様だけの収入で住宅ローンを組むことが、
一般的な住宅ローンの組み方となります。

また、住宅ローンを組んだ場合、
ご主人様の年収からすると、
収入金額に占める住宅ローンの負担割合として、
40%以上を超えても住宅ローンを組むことは可能となりますが、

将来、予定しているライフイベントなどに備えて、
貯蓄もしていく必要がありますので、
収入金額に占める住宅ローンの負担割合としては、
30%台に収めておくことをお勧めします。

例えば、住宅ローン金利を3.0%・35年返済とした場合、
1億円くらいまででしたら、
収入金額に占める住宅ローンの負担割合が、30%台に収まります。

『親に借りて買ってしまった方がよいのでしょうか?』
につきまして、

ご両親に気に入ったマンションにつきまして、
お金を立て替えてもらって購入してもらい、
あとからご両親に返済していってもよろしいと考えます。

ただし、ご両親との間でお金の貸し借り契約である『金銭消費貸借契約』を締結して、
毎月利息を付けてきっちりと返済していくなど、
しっかりと手続きを行っておかないと、
あとから贈与税を課税されてしまう心配がありますので、
最寄りの税務署でも確認をしておくことをお勧めします。

尚、ご両親から2,000万円を借りた場合、
自己資金扱いとなりますので、
12,000万円のマンションを購入することも可能となります。

また、多少費用をいただくことになりますが、
ご希望いただければより具体的なアドバイスもいたしますので、
よろしければご検討ください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

購入
個別
両親
相談
契約

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:4pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅購入のためのローンについて

マネー 住宅資金・住宅ローン 2011/06/08 13:10

現在マンションを購入しようと考えてます。

状況としては夫婦2人で

●夫
職業:医師(31歳)
年収:2000万(税抜き)※年収は今後横ばい
●妻
職業:会社員(27歳)
年収:450万… [続きを読む]

flexiblepenさん (東京都/27歳/男性)

このQ&Aの回答

住宅購入のローンについて 宮嵜 勝己(ファイナンシャルプランナー) 2011/06/08 18:46

このQ&Aに類似したQ&A

住宅購入 marukkusuさん  2007-09-06 10:45 回答3件
繰り上げ返済のタイミングについて ゆうぱぱさん  2012-12-24 06:31 回答3件
現在共働き 住宅ローン繰上げ返済について kanaokoさん  2012-02-09 10:03 回答3件