繰り上げ返済のメリットとデメリット - 宮嵜 勝己 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
宮嵜 勝己 専門家

宮嵜 勝己
ファイナンシャルプランナー

- good

繰り上げ返済のメリットとデメリット

2011/05/20 18:50
(
5.0
)

はじめまして。
住宅ローンプランナーの宮嵜です。

繰り上げ返済をされる場合は、そのメリットとデメリットをよく理解してから行動してください。

メリット(トク、ラク、フエ)
(1)当然、金利負担がなくなりますので支出が減ります。
500万円、1.375%、5年間の金利はざっと17万~18万円ですので、この分が「トク」になります。
(2)月々の返済がなくなりますので、生活上のキャッシュフローが「ラク」になります。
(3)さらにその月々の返済額で利回りの高い貯蓄ができればさらに資産が「フエ」ます。

デメリット(コマ、タカ、ナシ)
(1)手元資金を失うので、急な出費があった場合に「コマ」ってしまうかも?
(2)その際に結局借り入れなければならなくなると、おそらく住宅ローンの金利とりも「タカ」い金利になってしまうかも?
(3)住宅ローンには団信がついているので、無料で大きな保険に入っていますが、保障が「ナシ」になります。

実際にあったケースとしては、繰上げ返済をしてしまった後に給料が減るなどして貯蓄を取り崩さなければならなくなった場合に、「繰り上げ返済したためにお金がない」となってしまうケースですね。
貯蓄800万円のうち500万円を繰り上げ返済されると、手元に300万円残ることになりますが、緊急の場合これで何ヶ月くらい生活できるか検討してみてください。
生活費の1年分くらいは確保した上で繰り上げ返済をされるなど、十分な注意が必要です。

また、手持ち資金800万円を定期預金にされるだけでも相当の金利がつきます。某外資系銀行の3年満期型の定期預金でも0.7%の金利がありますので、3年間で13万5000円程度の金利が期待できます。住宅ローンで支払う17万の金利と均衡してきます。繰り上げ返済してしまうと手持ち資金を失うのでこのような貯蓄運用も失います。資産運用と借入をバランスよく運用することで手持ち資金を確保しながら実質無借金にする、というのも方策のひとつです。

以上、参考にしていただければ幸いです。

プランナー
銀行
資産運用
返済
住宅ローン

評価・お礼

8 さん

2011/05/23 14:35

メリット・デメリットをもう一度考えてみます。

回答専門家

宮嵜 勝己
宮嵜 勝己
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
有限会社桃太郎総合保険 住宅ローンプランナー
03-3517-1501
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅を購入される方・された方を「顧問FP」としてフルサポート。

自分にあった「住宅ローン」「住宅業者」を選ぶのはとても難しい作業です。わずか月3,150円で「あなたの顧問FP」としていつでも相談いただけます。※当サイトからの個別相談に関しては相談内容により有料になる場合がございます。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローンの完済について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2011/05/20 16:42

住宅ローンの残がとうとう今年度末で、元本約500万円になります。
全額返済して、将来のために同額を積立貯蓄していこうか迷っています。

●利息1.375%
●年2回ボーナス払い有り
●残ローン期間;~2018年9月
●預金;約800万円

8さん (東京都/47歳/男性)

このQ&Aの回答

住宅ローンの返済について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2011/05/20 17:22
繰上げ返済をしない方法 浅見 浩(ファイナンシャルプランナー) 2011/05/20 18:18

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンの繰り上げ返済と貯蓄について あるぷすさん  2008-11-05 13:31 回答2件
住宅ローン 返済額について 矢場さん  2008-07-01 12:30 回答2件
住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件
住宅ローンの毎月の返済額を抑える方法について akremさん  2012-06-25 02:13 回答1件
住宅ローンについて。 k2k2さん  2012-06-06 01:16 回答1件