住宅ローンと保険について - 辻畑 憲男 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンと保険について

2011/05/08 13:59
(
3.0
)

こんにちは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

三大疾病などの保険をつけたほうがいいのかについては、もちろん保険ですので万が一の時のリスクを考えるとつけたほうがいいです。そして、住宅ローンとセットでの加入が良いです。

ただ、保険料負担が大きくなるのでつけないというのであれば、リスクヘッジのための健康管理などが重要になってきます。
住宅ローンを組むと三大疾病のほかにうつ病などの精神疾患や収入減、リストラなどいろいろなリスクがあります。そのためにも健康管理のほかに万が一の時に住宅を売却しても残債が残らない状態にしておくことが重要でしょう。それにより、万が一困ったときには住宅を売却し、公営住宅などの入居など他の手段が考えられるようになります。
もちろんリスクヘッジとして売却しやすい場所を選ばないとなりません。

1つ心配なのが0.3%上乗せになるだけで今後の生活が苦しくなる可能性があることです。
もし、今後金利上昇があったときに生活が苦しくなるのであれば住宅購入計画事態を見直したほうが良いのではないしょうか。
また、「しばらく変動金利で」と書いてありましたが、金利が上昇するときには長期の固定金利から上昇します。よって、気付いたときには長期金利が上昇している可能性があります。その金利上昇リスクをとるべきかもよく検討されたほうがいいでしょう。

一度当社、またはお近くの独立系のファイナンシャルプラナー(上級資格CFP保持者)にご相談されて検討されたほうが良いように思います。

NPO法人日本FP協会でもご紹介しています。



株式会社FPソリューション:http://www.fp-s.jp/
ファイナンシャルプランナー(CFP)
辻畑 憲男

保険
リスクヘッジ
住宅ローン
住宅購入

評価・お礼

ghivellina さん

2011/05/08 21:40

ありがとうございました。
家計の負担が苦しくなるのは三大疾病だけではなく、精神疾患や事故による障害なども考えられるのでもう少し考える余地があるのではないかと思いました。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社FPソリューション
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン 疾病特約をつけたほうがいいのか

マネー 保険設計・保険見直し 2011/05/07 14:09

夫:37歳 会社員 年収540万円
私:33歳 パート 年収100万円
子:4歳、お腹に一人(10月出産予定)

新築一戸建てを建てるにあたって、住宅ローンのことで質問があります。
3300… [続きを読む]

ghivellinaさん (神奈川県/33歳/女性)

このQ&Aの回答

住宅ローンの医療特約について 渡辺 美晴(保険アドバイザー) 2011/05/07 18:07

このQ&Aに類似したQ&A

保険検討 ぷーくんさん  2010-11-20 23:46 回答3件
保険と住宅ローンについて どんちゃさん  2012-05-14 15:36 回答2件
生命保険の見直しを検討中です ktsu2741さん  2010-09-08 23:49 回答5件
保険の見直し(夫婦共に非正規の場合) しじみさん  2009-11-14 01:06 回答3件
保険の見直し 収入保障の設定金額について アドさん  2009-07-17 00:19 回答7件