店頭金利に差がある場合について - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

4 good

店頭金利に差がある場合について

2011/04/21 09:39

AXさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『住宅ローンの借り換えを検討しています。』
につきまして、

住宅ローンの借り換えを行うことで、
メリットが出るための条件として、
1.返済期間が10年以上残っていること。
2.借入残高が1,000万円残っていること。
3.現在のローン金利と借り換え先のローン金利との差が、1.0%以上あること。
などとなります。

よって、AXさんの場合、
借り換えを行うローン商品として、
10年固定金利で納得しているのでしたら、
借り換えによるメリットが十分に期待できることになります。

尚、AXさんの場合、
『もう一度借り換えも検討できると思います。』
ということですから、
10年後に改めて借り換えを行うことを前提とした場合、
地元の信金1.2%の10年固定金利で、
借り換えを行うことになります。

ただし、
借り換えを行うときのローン金利以外にも、
別途、『諸費用』もかかりますので、
諸費用を含め、トータルでどちらの方が、
安く済むのかで再度比較をしたうえで、
決定するようにしていってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

個別
相談
商品
費用
プランナー

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

店頭金利に差がある場合

マネー 住宅資金・住宅ローン 2011/04/15 23:10

住宅ローンの借り換えを計画しています。
現在はフラット35で2.99%です。
地元の地銀が1.4%で固定10年、現在の店頭金利が3.4%です。
地元の信金が1.2%で固定10年、現在の店頭金利が3.8%です。
ど… [続きを読む]

AXさん (愛知県/33歳/男性)

このQ&Aの回答

住宅ローンについて 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2011/04/16 10:06
変動金利を確認ください 三島木 英雄(ファイナンシャルプランナー) 2011/04/17 17:04
住宅ローン借り換えのポイント 下大園 幸雄(建築家) 2011/04/16 15:14

このQ&Aに類似したQ&A

兄弟で二世帯住宅建設について うまころさん  2016-01-04 17:34 回答2件
住宅ローンと教育費 drink7upさん  2015-02-07 20:54 回答1件
新築・中古住宅ローン各種、審査など hassan77さん  2014-01-28 16:10 回答1件