10%のリターンは短期的に得られる可能性がありますが、長期的には困難です。 - 吉野 充巨 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

10%のリターンは短期的に得られる可能性がありますが、長期的には困難です。

2010/08/07 10:14

はるりん 様

初めまして、ライフ・プランと資産運用を支援するオフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

ご希望の主旨とは異なりますが、参考意見として回答申し上げます。

年間の利益が10%を狙える金融商品は、ローリスク(不確実性)ではありません。
むしろ、高いリスクを採った上で、見通しが当たった場合に単年度で10%以上の利益が得られるものです。

金利の高い国の債券はブームの最中で抜けられれば利益が出ます。ただし、インフレ率が高い国になりますから、いつかの時点で、円高による利益ロスが発生します。
金利と為替の関係は添付資料を参考にしてください。

分散投資の対象とする国内外の株式と債券の4分野を円換算で示すと、外国債券は4番目のリターンです。(1970年~2009年の平均リターン)

なお、短期的には、結果として10%以上の利益が上がる例としても日本株式のインデックス(TOPIX)に投資した場合、1970年から2009年という期間の平均リターンは5.7%でリスクは19%
でした。このことは。単年度の結果の68%が+24.7%~-13.3ぇの間に入っことをさします。
2000年以降でも、10%を超えたのは2004年、2003年(25%超)、2005年(45%超)です。
但し事前の予測は困難です。

ご承知の通り、あらゆる金融商品は上記のようにリスクを抱えたものになり、その成果は年度、月度、日々大きく振れるものです。従って長期的な観点で平均リターン10%を確保する商品を探すのは困難です。

以上参考になれば幸いです。

補足

本回答は、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、
有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。
投資による損益はすべて相談者及び読者ご自身に帰属いたします。
投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、
読者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。
本回答は、信頼できると判断した情報に基づき、回答者が作成していますが、
その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありまん。』

短期
分散投資
債券
外国債券
株式

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

手元に150万円あります。
年間で10%の利益がほしいです。
ローリスクの製品を探しています。
金利の高いオーストラリア、ニュージーランドンの債権も考えています。
これらの債… [続きを読む]

はるりんさん (愛知県/45歳/男性)

このQ&Aの回答

商品について申し上げたいところですが・・・。 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2010/08/07 13:29
年間10%の利益が得られる商品の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2010/08/07 17:30
ありますが、やり方次第です。 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2010/08/08 14:05

このQ&Aに類似したQ&A

このまま、継続するのがいいか? なぎすけさん  2008-07-14 11:56 回答4件
外国債券購入について こぶしの花さん  2012-03-16 14:14 回答1件
債権 あかちゃっぴさん  2010-03-16 16:17 回答1件