逆算して考えてみましょう! - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
西垣戸  重成

西垣戸  重成
不動産コンサルタント

- good

逆算して考えてみましょう!

2010/07/16 12:05
(
5.0
)

koneさんはじめまして。住まいのコンシェルジュの西垣戸 重成と申します。


 すでに、ご退職後のために預貯金を始めていらっしゃるとはすばらしい計画性だと思います。


 koneさんのご心配事にお応えするには、家族構成、毎月の平均的生活費、車の有無など様々な情報が必要となりますが、ここでは現在分っている範囲でお応えします。


手取りの合計40万円から退職金のための貯金毎月6万円、そして住宅ローンと共益費等で11.8万円をマイナスすると残額は22.2万円になります。


一方、将来の金利上昇リスクを考えておかれたほうが安心ですから、ここでは仮に、金利3.0%になったものとして計算すると住宅ローンは月々12.3万円の支払いとなり、上記のように共益費等と合計した場合は15.3万円となります。


この仮の設定の場合、上記の22.2万円にあたる金額は18.7万円(40万円-6万円-15.3万円)に減額されることになります。


そこで、上記のそれぞれの残額22.2万円~18.7万円+ボーナスで生活が成り立つものかどうかをご検討されてはいかがかと思います。


 ちなみに、世帯構成などにより支出額に大きな違いがありますから、現実的に、返済比率は役に立たないことが多くあります。以上、ご参考となれば幸いです。


参考コラム(プロファイル内)
住宅ローンの安心ラインは返済負担率で考えてはダメ!
http://profile.allabout.co.jp/pf/nishigaito/c/c-38478

安心が確認できるキャッシュフロー表の活用法
http://profile.allabout.co.jp/pf/nishigaito/c/c-39836/

退職金
返済
生活
ローン
キャッシュフロー

評価・お礼

kone さん

早速ご回答いただきありがとうございます。金利上昇のリスクを考えると、見直しが必要ではと思いました。返済比率よりも、生活費をもう一度見直して再検討します。ありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

収入と住宅ローンの割合について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2010/07/16 11:07

新築のマンション購入を検討しています。収入に対して、ローンの割合が多いのではないかと気にしております。営業の方や銀行の方には、返済比率は20%未満なのでまったく問題ないと言われたのですが… [続きを読む]

koneさん (東京都/35歳/男性)

このQ&Aの回答

感性に従うのが良いと思います。 向井 啓和(不動産業) 2010/07/16 12:50
住宅ローンの返済負担率と可処分所得について 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2010/07/16 13:45
ご自分の家計に合った資金計画を立ててください。 前野 稔(ファイナンシャルプランナー) 2010/07/16 13:47

このQ&Aに類似したQ&A

ローンは現実的でしょうか? hensai55さん  2013-09-02 14:47 回答2件
購入しても大丈夫でしょうか? matya41さん  2010-06-23 17:10 回答8件
住宅ローンと今後のライフプラン maccoさん  2010-01-12 15:04 回答6件
住宅ローン ささき3さん  2015-07-31 11:21 回答2件
手取りからの住宅ローン支払い割合 natsuuさん  2013-04-19 10:48 回答1件