自慢の寝室(2) - 税金全般 - 専門家プロファイル

林 高宏
林高宏税理士事務所 
鹿児島県
税理士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自慢の寝室(2)

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般



私は、ゆっくりとベッドに横たわった。

部屋を暗幕で覆うと、目の前にはプラネタリウムが現れる。

そこへ、Bang&OrfsenのCDが心地よい音を聴かせてくれる。



最高の眠りをGETするのに、ものの数分もかからないだろう。

しかし、その日はまだ昼休み時間。午後からのアポもあった。

眠ってしまうわけにもいかない。



私は、視線を上から下げ、左右を見渡した。

そして、そこにある医療器具の多さに驚いたのだ。



そして、整骨院で聞いた「マイクロ波」を

実は、母のために買ったことを思い出したのだ。



母は、戦時中結核を患い、6年間入院していた。

終戦に伴い、米軍から提供されたマイシンで、その命を長らえた。



12年前、私は、副甲状腺ポリープの疑いで、オペをした。(喉元)

執刀医は同級生だった。



結果は大したことなかったが、問題は術後の痛み。

炎症反応がものすごかった。

同級生の医師は、外科・内科を問わず、ただ頭を下げまくっていた。

私なんかのために・・・・・



3日間ほど看護師さんには、ご迷惑をおかけした。

この時、看護師さんによって、座薬を置いていくだけの人、

嫌な顔一つせず、お尻に挿入してくれる人があることに気づいた。



また、婦長という肩書だけで、えらく威張っている

国立大学病院のおばさんを目にした。

是非、民間で研修を受けて頂きたい。そう思った。



さて、そんな風に悪態をつきまくる私に優しく接したのは、

意外にも普段は口うるさい母だった。

家内は、子供とともに外から眺めているだけだった。



「お母さんの、悪い点だけ、引き継いじゃったねー」

そう言いながら、母は優しく私の体をさすっていた。




想像だにできない母の言葉を聞き、驚いた。

しかし、それを痛みが上回った。




このコラムに類似したコラム

戸籍謄本を読む 大黒たかのり - 税理士(2013/11/07 16:38)

年賀状 林 高宏 - 税理士(2012/12/26 01:52)

子供部屋ね~ 林 高宏 - 税理士(2012/10/23 06:53)

靴がない・・・ 林 高宏 - 税理士(2012/10/11 06:26)

かけっこ 林 高宏 - 税理士(2012/09/30 16:32)