アフリカで考える(4)  女子が学ぶことで - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

キャリアプランニング32 『働くレシピ』を考える キャリアデザイナー
東京都
キャリアカウンセラー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アフリカで考える(4)  女子が学ぶことで

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
キャリアデザイン 働くレシピ

☆☆--------------------------------------------
「働く」を応援するシリーズⅤ 
    アフリカで考える( 4 )
-------------------------------------------☆


ウガンダで田舎の村の小学校を訪れた


田舎と言っても生徒数1000人
入学時は4割いる女子生徒が
年長になるほど出席率が低下する


校長室には
「 When you educate the girl child,
You have educated the Nation 」

(女の子たちに教育与えることが
国自体を教育をすることになる)


と書かれていた

 

女子を学校に通わせるだけのお金の余裕がない
女子が学をつける必要はない
早く働かせて早く結婚をさせたい 

 

少し前の日本だってそう
女子の進学率が圧倒的に低かった

 

でもこの校長室の言葉を見て
ここに張り出されている言葉が今の自分の思いと繋がった

 
私は女性のためのキャリアの学校(なでしこベンチャー大學)を開いていて
女性は何のために働くのだろうとずっと考えてきた

 
働きたい、家庭に入りたいという思いとは切り離して
女性は家庭に入ってしまったら
みな同じ土俵になってしまう
つまりそれまで深夜まで身を削るような思いで働いてきても
毎日17時に終わるような気軽な思いで働いてきても
家庭の中ですることはそれほど差がないの

 
仕事でがんばることと
家庭を守ることとは今の日本でもまだ全く違う場所にある

 
だとすると女性は何のために
働くのかとどう伝えていけばいいのかと考えてきた

 

 

でももっとシンプルな生活を送る
アフリカでさえも
同じように女性は教育を受けても受けなくても
家庭に入れば同じとされてきた
だったら教育を受ける必要はないでしょと


でも
「女性には学ぶ権利ある」のではなく
「女性は学ぶ必要がある」の

 

例えば、掛け算が出来たり足し算が出来る
そうすれば物を買うときには交渉が出来るようになる

 

子供をたくさん産むのが良いとされる文化の中でも
子供を産んだ後に育てていく費用や子供たちの将来の事を考える
「生き方の計画(設計)」というものが生まれる

 
考える力が養えるの
考える力が身につけば
自分の自信につながる


ただ誰かや神様からの運命に任せるだけではなく
そこに自分なりの意志が生まれ
家庭を子供たちを自分たちの生活をよりよいものに変えていこうとできる

 

そこで育った子供たちは
同じように学校に通い自分で考える力が身につき
生みだしていく力が生まれる

 

それが国が立ち上がっていく力になるの
一部の裕福な家庭に育った
頭のいい人だけが作る国家ではなく
みんなが考え生み出していかなければ国は変わらない


同じように日本にいても
自分の頭できちんと考え
家庭を生みだし、子供たちに伝えていける女性が増えれば
一部の働きたい女性が活躍する社会ではなく
全ての女性が支える社会に変わっていく

 

だからアフリカでいう学校教育は
成熟した日本では
社会に出てからの教育でもあるの

 


女性が学校を卒業して
社会に出てから家庭を築くまでに学ぶ必要のあることが
ほんとはたくさんあるの

 


それを伝えていきたいと思った
伝えていくこときっと出来ると思った

 

 

【When you educate the girl child,
 You have educated the Nation】



(その日の子供たちの出席数。
1年生はほぼ男子と女性が半々なのに
7年生では女性の出席数は2割に激減)

 

 ……………………………………………………………

「キャリアのレシピ」について☆「働く」をテーマにしたブログ。
  これから社会に出る方、すでに社会に出ている方
  自分のこれからのキャリアを考える方などよかったら
  読者登録ください。更新情報が届きます。
   
アメブロ 「キャリアのレシピ」


●キャリアデザイナー壷井央子のプロフィールの詳細はこちら
※「All About  ProFile」の登録専門家として今後コラムを更新中!
キャリアデザイナー壷井央子 プロフィール
Aii About コラム 「働くレシピ」
  

●2012年4月に「働く」女子を応援するスクールを開講します!
「なでしこベンチャー大學」は下記より。現在受講生募集中!
なでしこベンチャー大學 サイト


●フェイスブックをお持ちの方は
フェイスブックページ 「キャリアプランニング32」
(「キャリアプランニング32」のタイトル横のいいね!ボタンをクリックください。



カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / キャリアカウンセラー)
キャリアプランニング32 『働くレシピ』を考える キャリアデザイナー

あなたの『働くレシピ』=あなたらしい働き方をプロデュース

「食べること」が栄養を補給するためだけの行動から、幸せを共有する「楽しみ」に変わったように、「働くこと」も同じ。生活のためから、幸せを共有する「楽しみ」になる時代。あなたという素材を生かして、どんなレシピを作りますか?「働く」レシピの考案。

カテゴリ 「キャリアデザイン」のコラム

このコラムに類似したコラム

30代女子のキャリア=選択の時代! 藤崎 葉子 - キャリアカウンセラー(2012/11/03 08:11)

アフリカで考える(2) アフリカで見つけたHAPPY 壷井 央子 - キャリアカウンセラー(2012/10/20 22:02)

これからの時代の女性の生き方 (2) ~強くて優しい女性に~ 壷井 央子 - キャリアカウンセラー(2012/03/14 00:31)

これからの時代の女性の生き方~(1) 壷井 央子 - キャリアカウンセラー(2012/03/13 02:15)

【女性のキャリア(2)】 20代ではない30代で思うこと 壷井 央子 - キャリアカウンセラー(2015/06/28 13:44)