わたしが好きなことを仕事にするまで その2☆ - コーチング全般 - 専門家プロファイル

Yuriel
人間関係専門・生きかたカウンセラー、潜在意識セラピスト
東京都
恋愛アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
上林 登
上林 登
(パーソナルコーチ)
喜多見 明日香
喜多見 明日香
(パーソナルコーチ)
ルーク 平野
(恋愛アドバイザー)
松山真己
(臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ)

閲覧数順 2017年11月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

わたしが好きなことを仕事にするまで その2☆

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般

昨日のブログ「わたしが好きなことを仕事にするようになるまで その1」では、(リンク入れる)

わたしにとって「仕事は生活のためにする苦しい義務」から、「仕事は楽しい」へと
価値観が変わっていくまでの話をしました。

今日は、そのときから現在までの話です。



仕事が好きになってからしばらくして、
仕事に対して別の考えに触れる機会がありました。

友人から勧められて、あるメンターに出会ったことがきっかけです。

彼のプログラムは、当時のお給料1ヶ月分くらいしたので、さすがに躊躇したのですが、
思い切って受講することにしました。

彼は、「仕事を好きになる」のではなく、「好きなことを仕事にしている」人で、
それどころか、「友だちと遊んでいることが仕事」みたいな感じに見えました。


彼からは、
「Yurielは、旅の話をしているとき、とっても楽しそうでイキイキしているから、
旅に関わる仕事をしたらいいんじゃない?」

とアドバイスされましたが、
わたしにしてみれば、経験もコネもないのに、
それは無理でしょ、と思いました。

本当に熱心に勧めてくれたのですが、当時のわたしには、
「他人事だと思って気楽なこというなぁ」としか思えず、
せっかくのアドバイスを受け止めることはできませんでした。


ただ、彼の存在は、わたしの仕事観に大きなゆらぎを与えてくれました。


すでに「労働は生活のための苦しい義務」から、「仕事は楽しい」へと
仕事への価値観は変わっていましたが、

彼はさらに、「好きなことや、遊びを仕事にしている」という感じに見えたからです。
それどころか、プログラム自体、高額であるにもかかわらず、
「もしかしたら、この人はなにもしていないのではないか」とすら思えたりもしました。


ですので、当然怒りも覚えましたし、噛み付いたこともありました。
自分が禁じていることを誰かがやっていると、怒りを感じるのだということも、
その後スピリチュアルや心理学を学ぶ過程で知りました。



当時はピンときませんでしたが、その後は不思議と必要なタイミングで必要な人に出会いました。
スピリチュアルなメンターの穴口恵子さんに出会ったのも、そのすぐあとでした。

彼女も大好きなことを仕事にして成功している方でした。

そこからは、出会う人みんな好きなことを仕事にしている人か、
周りは好きなことで身を立てようとしている人ばかりになりました。


自分のみる景色が変わったのだと今振り返ればわかります。
つまり、自分の価値観が「好きなことを仕事にしていい」とシフトしていたのでしょうね。



それからは、いろんなことがつながって、気がついたら、
スピリチュアルリーディングの仕事で起業して、
それだけで生活していけるようになっていました。

世界中で一番好きな街・表参道にオフィスをもち、
毎日自分自身がたくさんの気づきと喜びに触れるしごとをさせていただいています。

「好きなことが仕事」となり、
大好きな心理学やセラピーを学ぶことも、
パワースポットを旅することも、全部仕事になりました。


あの「遊びが仕事」みたいな不思議なメンターからは
「カウンセラーはちょっと違う」といわれたことがあったので、
正直にいうと、「やっぱり適当なことをいわれていたんだな」と思ったこともありました。


でも最近になって、カウンセリングやヒプノや
インナーチャイルドセラピーのようなテクニックによるものより、
クライアントと一緒に森を歩いたり、イルカと泳いだり、一緒にきのこをとったり、
ということのほうが、
「自分を変えられる」効果があることを感じるようになり、
それをメインにしていきたいなと思うようになったのです。

今は、魔法使いの仲間たちを、わたしが大好きな世界中のすてきな場所に
お連れしたいなと思っています。

マリア様の聖地であるルルドやファティマ、世界遺産の巡礼路を歩いたり、
静かな森でのんびりしたり、バハマでイルカと泳いで天国を体験したり。


そして気づいたのです。
「ああ、あのメンターが言っていたことは、本当は当たってたんだなぁ」と。


以前旅にお連れしたお客さまから
「Yuriel先生はなにもしないでそこにいるだけ」と言われたことがありました。
かつて、わたしが「遊びが仕事」の不思議なメンターに対して感じていたように。


わたしの仕事に対する考え方の変化が起きる少しまえに、
このメンターに、プログラムが修了してから初めてお会いする機会がありました。

そして、「なにもしないと言われる」と話したら、

「マイナスイオン発生器みたいに、そこにいるだけで、場をよくすることだって価値があるんだよ」
と教えてくれました。


わたしが彼に対して感じていたのは、「なにもしない」という違和感だったわけですが、
結局わたしは、彼と出会ったことで、知らないうちに自分の価値観が変わり、
知らぬ間につきあう人が変わり、人生が変わっていたのでした。



わたしたちは、自分のつきあっている人と同じ価値観を共有するようになります。
「いいな」と思う生き方をしている人とは、一緒の時間を過ごすことにこそ、
価値があるのだと今ならわかります。



繰り返しになりますが、もしあなたが今、仕事が好きでなかったら、
まず、仕事を好きになる努力をしてみてください。

そうすれば、仕事が好きになれるし、仕事が好きな人と仕事ができるチャンスがきます。


そして、「好きなことを仕事にしている人」にあこがれるなら、仕事が好きという気もちを持って、
是非その人のもとで学んだり、働いたりして、その人のオーラにふれてみてください。

はじめは、居心地が悪かったり、自分とはかけ離れた感じがするかもしれません。
でもめげずに触れ続けていてください。

いつか必ず、あなたにもそんなチャンスが訪れるようになるでしょう。




ちなみにその不思議なメンターは、
ほのぼのマーケティングで年商20億!の天才マーケッターと言われている本田晃一さんです。


ノウハウもたくさん教えてもらったけれど、
結局わたしが一番得ていたのは、見えないものだったなぁと今は思います。

「大切なものは目にはみえないんだよ」
と、星の王子さまがつぶやいたように。


わたしもかたちにはできないけれど、
大切なことをこれからもイベントを通じて伝えていけたらと思っています。

魔法使いの仲間たちと過ごす時間の中で、一緒にみつけてみませんか。



最後までおよみいただき、ありがとうございました。
今日もあなたにすてきなことがたくさん起こります☆
感謝をこめて。




このコラムに類似したコラム

カウンセラーの役割 松山真己 - 臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ(2014/05/23 10:08)

完全だと認めると相手は不完全な部分を見せる 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/05/15 19:59)

【表参道&青山インフォメーション】に掲載されました! 網野 麻理 - ビジネスコーチ(2012/10/19 09:46)

夢は仲間たちに語り、自分自身でかなえる。 喜多見 明日香 - パーソナルコーチ(2012/09/11 12:31)

映画で学ぶビジネス心理「ウォール街」◆人を惹きつける秘訣 北端 康良 - 心理カウンセラー(2010/06/11 17:20)