時間を作らずに知的好奇心を刺激する方法:フリーランスで稼ぐ… - 営業戦略・販売計画 - 専門家プロファイル

別所 諒
ビジョン・コンサルティング 別所諒 主宰
東京都
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

村田 翔
村田 翔
(マーケティングプランナー)
水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
竹内 慎也
(営業コンサルタント)
別所 諒
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

時間を作らずに知的好奇心を刺激する方法:フリーランスで稼ぐ…

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業戦略・販売計画
経営コンサルティング ビジネスモデル

From 調布カフェ:別所諒




「何を書いていいのかわかりません。」

インターネットのおかげで、すべての人が表現できる場が広がったので、ブログやFBに文章を書くことをすすめると、かなりの確率で返答される。


気軽に「何でもいいんですよ。」と答えていたが、ほとんどの場合、その人は書かない。

つまりは、僕が考えているよりも、「書く」ということへのハードルは高いらしい。


「忙しくて・・・」という人には、それ以上何も言わない。書くことの目的は、誰かにいい影響を与える事なので、自分と身の回りで生活したい人はそれでいい。「今のままでいい」という人も同じ。


書く意思はあるけど書けない人のハードルは、推測するにふたつあって、ひとつは「私なんかが・・・」というもの。この点は心配しないでもいい。つまらない話を書いても怒る人はいない。スルーして終わりだし、怒る人は解除をすればいいだけである。

(僕はきつめの文章を書いているようなので、実は解除する人も多い)


もしも反応がないと無視されたような気持になると思うなら、先に自分が他の人の文章に応えればいい。そうすれば返してくれる人が現れる。


ふたつ目のハードルは、本当に書くことが思いつかないということになる。


これは由々しき問題で、刺激のない人生とつながっていたりする。変化のない毎日を送っているから特別なことがない。そのため書くことがない。結果、人生が満たされないというのは、限りある時間の使い方としてはもったいない。


(幸い、僕はフリーランスで自由に仕事をしているので、日常の刺激には困らない。そもそもが、来月どうなっているのかわからない。安定した収入を確保しようとしながら、お客さんが変わっていくという矛盾は嫌でも刺激がある)

で、書くことがないと思う人は、書くことを見つけるように自分に刺激を与えればいい。と言っても大げさな話ではない。ちょっと違うことをすればいい。



・帰り道にひと駅前で降りて歩く

・毎日違った店で買い物をする(コンビニを変えてもいい)

・好きな食べ物は種類を変える

・今まで読んだことのない類の本を読む



そんな程度でも、何かを発見できれば人生に刺激が加わる。


人間関係に刺激を与えたいなら、セミナーに行くといい。

セミナーの敷居が高いなら、僕はポッドキャストをすすめている。

相当の人の話が無料だし、テレビよりも密度が濃い話が聞けるし、何と言ってもイヤホンを耳に突っ込んでおけばいいので、特別な時間を作る必要もない。特に、iphoneユーザーは利用しない手はない。



ということで、知的好奇心に刺激を与えてくれる番組を紹介しておきます。

(特に本を読むのが苦手な人は聞けばいい)


ラジオ版「学問のすすめ」




本日も、お読みいただき、ありがとうございました。

このコラムに類似したコラム

今日に生きる/デール・カーネギーの名言 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/03/11 07:45)

今日は貴重な日/デール・カーネギーの名言 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/03/06 07:45)

心配するには及ばない/デール・カーネギーの名言 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/03/03 07:45)

自分から他人に/デール・カーネギーの名言 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/02/28 07:45)

恐怖心の克服法/デール・カーネギーの名言 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/02/25 07:45)