一生懸命考えた結果~モラルハラスメント - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

佐藤 千恵
行政書士東京よつ葉法務オフィス 
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
松山真己
(臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ)

閲覧数順 2017年02月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

一生懸命考えた結果~モラルハラスメント

- good

モラルハラスメント ブログから

*   *   *   *   *   *
モラルハラスメント被害 
女性の離婚専門板橋区の女性行政書士 
東京よつ葉法務オフィス
モラハラ行政書士のちえぼぅです

*   *   *   *   *   *






子ども達は時々、

大人が答に困る質問を素朴に投げかけてきます。




夫からのモラハラ被害に苦しみ、悩み、


その結果

母子家庭になって生きていくと決めた皆さんにも、


お子さんからの率直で、時々少しだけ心の痛む質問が

投げかけられる事があると思います。






私は常に離婚問題について、ブログでも、事務所でも、


「お子さんには丁寧にお話して下さい。」


「きちんとお母さんの言葉で説明して上げて下さい。」


とお願いしています。







「どうしてウチはママしかいないの?」


「パパはどこに行っちゃったの?」


「なんでウチだけパパがいないの?」


「もうパパに会えないの?」



率直な子ども達からの「どうして?」に、

どう説明して良いのか困ることもあると思います。








あなたは、一生懸命悩んで、考えて、苦しんで、

受け入れて、子どもを想って、



そうして、

モラハラ被害からの脱出を決意されたと思います。





一生懸命に生活していました。






最初から


「離婚になっても良いや」


と思って結婚する人などいないはずです。





何とか夫とうまくやって行こう、


自分で努力出来る部分は努力を惜しまずに、


子どもの面倒も家の事も一人で抱えて、


精神的にも、経済的にもギリギリの状態で、



それでも一生懸命に生活していたと思います。






今おウチにパパがいないのは、


ママが一生懸命に生きて、考えて、悩んだ結果。




パパと一緒に暮らせないのは、


ママが一生懸命に考えた結果、そう判断したから。





子ども達を愛していて、大切で、


そしてこれからもずっと大切で愛したいから、


だから母と子は一緒にいるんだという事。




自分の事ばかり優先で他者を愛せない人とは、


残念だけれど一緒に暮らすことは難しいという事。







子ども達に丁寧な言葉で説明してあげて欲しいと

思います。



パパの全てを否定する必要は無いですし、


家庭内でパパをタブー視することもありません。




子どもは時に不安が強まると、


何度もその事(パパの事)を確認してくる事があります。



そんな時は


「不安なのだろうな」


と言うお子さんのその気持ちの方に、寄り添ってあげて下さい。






人間は自分の責任の範囲で自由に生きて良いけれど、


自分の力ではどうしようもない事も人生には起きる。





結婚する人もいれば、しない人もいる。


パパとママの両方がいる家もあるけれど、

どちらか一人しかいない家もある。


男に生まれる人もいれば、女に生まれる人もいる。


生きている限り、年を取る。


子どもを産む人もいれば、産まない人もいる。


兄弟がいる子もいれば、いない子もいる。


元気な人もいれば、病気になってしまう人もいる。


自分でコントロールできることもあるけれど、

コントロール出来ないこともある。






自分の力ではどうしようも無かった出来事に

遭遇した時、


人はどう対処して、

どうやって立ち直っていくのか。



どうやって助けてもらえば良いのか。


反対に、困った人がいたらどう助けてあげると

良いのか。




もしかしたら、

モラハラ夫との別離は子ども達にこう言った事を

きちんとお話するチャンスなのかも知れません。




子どもは子どもなりに、

考えて解釈して、成長する力があります。




周囲の人からの温かい言葉と気持ちを栄養に、


どんどん成長していくのです。






大切な事は、


たとえ理不尽で自分の力ではどうしようもならない

出来事に遭遇した時も、


それに真剣に取り組み一生懸命に生きる

親の背中を見せることではないか。





事務所で出会うたくさんの母子(おやこ)を通して、


そう強く感じます。









*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成

モラルハラスメントのご相談を受付けています。

初回相談は30分無料ですのでどうぞご利用下さい
東京よつ葉法務オフィス
離婚支援センター

電話:03-3579-8577
メールinfo@yotsuba-houmu.com

◆営業時間◆

平日 9:30~19:00

土日祝日は定休日です

ご相談は事前予約制です

時間外の業務についてはご相談ください
*   *   *   *   *   *

このコラムに類似したコラム

恐怖は様々なことを鈍くしてしまう~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/11/08 11:06)

愛はあなたを支配しない~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/11/02 12:06)

モラハラ夫が死をほのめかしても、あなたのせいではない~モラ… 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/10/25 11:06)

終わりの無い要求~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/08/15 11:06)

白々しい~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/07/06 09:06)