有機トマト農法方式で人の潜在能力を引き出そう - 各種の人材育成 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

有機トマト農法方式で人の潜在能力を引き出そう

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 各種の人材育成


※クリックして人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ



トマトは、水に飢えさせると、甘くなる、って知ってました?

http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/2-948d.html

※ご参考までに、水をやらない有機トマトの農法


さて、今日のお話は、生産性を上げたり、顧客満足度を上げる為に、今すぐ出来る有機トマト農法型トレーニングのお話しです。

皆さんは、レストランのホールで、生産性と共に顧客満足度を上げる為に、どんなことをしていますか?


ホール担当者の意識改革

スキルアップトレーニング

レイアウトの見直し

呼び出しチャイムの導入

セルフサービス化・・・・


色々出てくると思います。

その通りに生産性が上がることもあるでしょうし、

逆に、顧客満足度が下がってしまうような、結果になるときもあります。


答えはひとつではありませんし、それも正解どうかはわかりませんが、

ただひとつ、確実に言えることは、

「人が持つ潜在能力を、最大限に引き出すことが、最も大切である。」

と言うことです。


マクドナルドに勤めていたときに、こう言う事例がありました。

マクドナルドには、ドライブスルーがあります。

スピードが命です。

ですので、1秒をどう削るか!で、各店、各クルー(アルバイトのこと)は、日々、努力、工夫を重ねています。

しかし、そこには、スピード上げる為に、焦れば焦るほど、正確さが低下し、商品の入れ忘れ、入れ間違いが発生するという

ジレンマもあったのです。


しかし、ある店長が、

「スピード上げれば上げるほど、商品の入れ忘れが無くなる!」

と、言って、その通りに成果を上げたのです。


最初は、全く信じられませんでした。

しかし、その店長のお店を訪問し、実例を見せて頂き、説明を聞くと、納得出来ました。

それは・・・(後ほど)


もうひとつ、あるレストランで、同じようなことを言う店長がいました。

「ホール担当者を、一人減らした方が、お客様満足度が上がる。」

これも、にわかには信じられない話です。


ホール人数を減らせば、お客様対応に不足や遅れが生じて、満足度が下がる、だから人は増やさなければならない。

これが、常識ですし、定説です。

店長は、お客様満足度と人件費との板挟みに悩むのです。

しかし、お客様アンケートを取ると、一人減らした時の方が、満足度が高かったのです。

なぜなのか?


この2つの事例。

有機トマト農法の話と、よく似ています。

水をやらなくしたトマトが、必死でその能力を発揮して、根を下へ下へと伸ばし、地中深くから水を吸い上げようとします。

また、毛根を伸ばして、空気中の水分を獲得しようとします。

生きる為、子孫を残す為の、その必死の生命力が、味を濃くし、甘くし、美味しくさせるのです。


人は、いつもいつも100%の力を発揮している訳ではありません。

たぶん、60%位でクルージングしています。

しかし、スピードアップさせて行くと、当然のことながら、ギアをアップし、アクセルを踏み、人が持つ本来の能力をどんどん発揮

させて行きます。

ドライブスルーで、1台でも多くのお客様を、お迎えする為に、1秒でも早く品揃えをしようとすると、

集中力を高めて、ご注文を把握し、取りそろえをしなければなりません。

え?もう一度と、聞き返したり、読み返したり、している暇はありません。(確認はしますよ!)

無駄な動きも致命的です。

雑な作業をして、やり直しになると更に致命的です。

ですので、より丁寧に作業するようになります。


レストランのホールですと、人数が少ない分、一人当たりが受け持つ客席の範囲は広くなります。

より広く見渡さないといけませんし、五感を最大限に発揮して、出来るだけ早くお客様の要望に気がつかねばなりません。

無駄な動きも、雑な動きも致命的です。


更に能力を発揮すると、予測をするようにもなります。

次に起こることを予測して準備が出来るようになります。

さらには、起こる前に対応出来るようになって行きます。

気の利くレストランで、絶妙のタイミングで、おかわりのご注文を聴きに来るスタッフがそのレベルです。


チームワークも向上します。

メンバーがお互いをよく見て、お互いをサポートするようになるのです。


中には、こういう風にならない店もあります。

それは、スピードだけを上げて、能力のギアを上げない為に、ぐちゃぐちゃになるお店です。

人数だけを削って、能力のアクセルを踏まないので、そこら中にサービスの落とし穴が開いて行く状態です。

こう言う店は、客席からこう言う声が良く聞こえてきます・・・

「スミマセーン・・・」


人の能力、人の可能性は、無限大です。

しかし、案外フルパワーで動いては、いないのです。


スタッフのフルパワーを引き出す。

それが、店長、リーダー、マネジャーの仕事です。


さて、皆さんの今日の、お仕事。

今日は、ワンランク、生産性を上げてみる、と言うチャレンジは如何ですか?


もしくは、今日、風邪でキャンセルが出て、メンバーが一人足らない。

そう言うお店は、チャンス到来ですね!

能力の引き上げ作戦を実行してみては如何ですか?


さあ、誰もが持っている「トマトのような生命力」

皆さんも、発揮してみましょう!

きっと、今までよりも、濃くて、甘くて、美味しい、成果が出ること間違いなし!ですよ~




いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


応援、ありがとうございました!


「相手軸コーチ:松下雅憲」への講演依頼・セミナー依頼・コンサルティング相談につきましては、

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.peopleandplace.jp/


「相手軸コーチ:松下雅憲」って、どんな人?を知りたい方は、AllAbout Profile

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://profile.ne.jp/pf/peopleandplace-matsushita/

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

新人店長は「お互いに教える効果」を活用しよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/02/10 06:25)

店長は「共感できる人」を採用しよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/06/20 05:17)

「店長キラキラ化大作戦」⑫五感を働かせて隅々まで把握する 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/05/30 05:43)

「相手軸な話」⑳若きフィットネストレーナーの成長 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/14 06:01)

「相手軸な話」⑰イトーヨーカドーのネットスーパへの取り組みが凄い 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/03/11 06:11)