この経験をしたからには、5日前の私と同じ私ではあり得ない。 - 各種のコーチング - 専門家プロファイル

喜多見 明日香
オフィス喜多見 クリエィティブ・プロモーター
福島県
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

中川 淳一郎
中川 淳一郎
(経営コンサルタント)
咲桜 佳美
咲桜 佳美
(ビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)

閲覧数順 2017年02月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

この経験をしたからには、5日前の私と同じ私ではあり得ない。

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. 各種のコーチング
経営者


演劇大学 in 郡山の庄崎コース(20日、21日、22日)の仲間たち。


ほとんどが、国際アート&デザイン専門学校の学生さんたち。

http://www.art-design.ac.jp/index.html

声優志望の学生さんたちだそうですが、


共に、講談を発表し、


現代劇のセリフを言ったり、芥川の「藪の中(時代は平安時代)」を朗読したり、


豊かな表現力を身につけたいという

学生さんたちの意欲的で前向きなあり方に、

私も、元気をいただきました。



講談の神田先生もおっしゃっていましたが、

たとえ一般企業に入っても、

表現力が豊かなことは、身を助ける。



私もそう思います。

単に自己表現が巧みというだけでなく、

他人の気持ちに敏感で、信頼しあい、

思いやることができるあなたたちは、

必ずやどこに行っても成功することでしょう。



そして、こんな体験を、俳優や声優志望の方だけでなく、

広く一般の方にも伝えたいから、

近い将来、私は、パフォーミングアートを通して、

一般向けのワークショップを

開催します!!!




さて、7月22日の発表会の持ち時間は30分でした。

最初、30分は長いと思いましたが、終わってみるとあっという間でした。


庄崎コースのテーマは「遠野物語より 牡丹と馬」 

      長者の娘、牡丹は馬と愛し合うようになりました。

      それを知った長者は激怒し、馬を殺します。

      馬を失った娘の嘆きに馬はよみがえり、

      娘を抱いておしら様(かいこの神様)となって、天へのぼります。

         (※8月25日の「牡丹と馬」東京公演のチラシより。庄崎先生は

           この舞台に出演されるため、郡山でもこれをテーマに選ばれたようです)



●7月20日金曜日14時から17時30分

     エチュード(最初の導入となった練習の数々も、後のち活かされた)のあと、

     前半部分(全体のダンス)の振り写し。

     (庄崎先生が考えた振付を、リハーサル室の鏡を見ながらまねて覚える)


     宇宙から魂が降りて来て、命が芽生える。

     いつしか馬の形をとり、よろよろと立ちあがり、野生馬の一群は野原を駆け巡る。

     牡馬は雌馬を誘い、

     雌馬は牡馬を挑発する(ここのところ、庄崎先生が『プロは自発的にやる』とおっしゃったので

                    私は『カルメン』をイメージしてやりました。とても楽しかった)


     この3時間半で、すでに筋肉痛。


●7月21日土曜日 9時30分から13時30分

     後半部分の振付。庄崎先生が各シーンでメインになる役をその場で決めてゆく。

     ゆきあたりばったりではなく、前日のエチュード(『雲の上を歩く』『火を表現する』など)で

     印象的だったから、という理由で選ばれたようだ。


     後半は馬と牡丹の悲恋。

     

     馬たちが使役されている。村で遊ぶ娘たちの一人が、一頭の馬を見つめる。

     夜、長者の娘牡丹が、その馬をやさしくねぎらい、慈しむ。


     父親の知るところとなり、父親は馬を殺してしまう。


     目覚めた牡丹は馬を探し、嘆き悲しむ。

     

     馬は生き返り、桑の木の中へ。

     全員で、かいこからまゆとなって、おしら様に祈る。

     

     このような流れを終わりまでやった。



     ★土曜日は、この後の「台本を読んでみよう」「朗読コース」

      で、ほかの参加者の表現を聴くことができ、

      非常に親近感を覚えることができたのがよかった。

      

      つまり、庄崎コースではセリフもないし、お互いに話し合うこともあまりなかったのが、

      「台本」「朗読」で、一人ひとりの持ち味を感じることができた。



●7月22日日曜日 9時から13時20分

     初めて舞台でリハーサル。平台で舞台を作ってある。

     段差があるので、リハーサル室とは勝手が違う。

     それと同時に、「人に向かって見せる」という実感が迫ってきて、

     全員の集中力が増す。


     主に後半の感情を深める。

     

     長者(父親)の怒りをさらにドラマチックに。


     馬の誇りと愛と怒りをさらに明確に。 

     

     牡丹のしっかりした想い(相手がたとえ馬でも好き)と

     殺されたとわかったときの嘆きをさらに明確に。


     舞台稽古で初めて牡丹がランタン(小さな明かり)を持ち、壁に映る参加者の影も印象的。


          

     私たち一人ひとりが、役割に専念。


     

     特に、馬が長者に殺されるとき、両腕をつかむのだけれど、

     私は右腕を掴む役をさせていただいた。


     私個人の好悪でなく、     

     この役柄にふさわしい感情は?


     「馬畜生のくせに、お嬢様とねんごろになりやがって。

     往生しやがれ」     という憎々しげな感じ。

     

     というつもりで、暴れる馬の腕をつかんでいた。


     

     そして、馬がよみがえるとともに、私は右後ろへ下がり、

     大きな木の一部に。


     リハーサル室で、庄崎先生が途中で止めない、通し稽古。いい感じ。

     ギリギリまで、庄崎先生が演技指導。頭が下がる。



●7月22日14時30分すぎ 

  本番。最高のでき。

  23人ほどが一斉に足を踏み鳴らし、転がり、走る。

  そして、悲恋が終わり、最初の静かなダンスへ回帰する。

  

  面白かった。


  私は、もはや19日以前の私ではない。

  この経験をしたからには、同じ私ではあり得ない。



  まずは庄崎先生に感謝。

  庄崎隆志先生のHP

  http://www.geocities.jp/kaze_no_utuwa/index.htm


 「プロは自発的に動く」

 「役者の目線が物語世界を創る」

 「姿勢や歩き方からも、役割や感情を表す」

 などなど、多くの貴重なご指導をいただきました。


 来年も演劇大学 in 郡山にいらっしゃるそうなので、必ず参加したい。


 昨日は、庄崎先生自身のパフォーマンスも拝見し、非常に感動しました。



 今後も、お手伝いできることがあれば、ぜひ、やらせていただきたいと思います。


●事務局の皆さま、本当にありがとうございました!!


     


         

      

    

     

このコラムに類似したコラム

本日の品川区区倫理法人会第995回モーニングセミナー講師は、世… 喜多見 明日香 - パーソナルコーチ(2012/10/25 06:55)

Next time around? 小倉 美紀 - パーソナルコーチ(2012/10/04 08:15)

「生涯現役」研究会(8月26日郡山市)の参加予定者と、ご興味が… 喜多見 明日香 - パーソナルコーチ(2012/08/06 09:54)

情報の欠如は信頼関係を構築できない 山内 ケイト - ビジネスコーチ(2012/07/09 15:17)

本日の倫理法人会第906回モーニングセミナーの講師は郡山中央倫… 喜多見 明日香 - パーソナルコーチ(2012/10/31 06:35)