前任者を活用せよ! - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

前任者を活用せよ!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

前任者を活用していますか?


前任者とは広報業務を引き継いだ時以来、会うことはもちろんのことコミュニケーションをとっていないという方は意外にも多いのではないでしょうか?


一般的に広報部門の課題の一つとして、現場から情報がタイムリーに吸い上げられないことが挙げられると思います。もう少し言えば、社内で広報業務が理解されていない、積極的な協力が得られていない状況だろうと思います。


広報強化といった際に、発信手法を含めた発信力が注目されますが、情報収集力の方が情報収集力を向上させる方が重要であり、また有事の際の備えにもなると考えます。


社内からの理解を得ることは容易ではありませんが、その際、広報の前任者というのはとても重要なキーマンであることは言うまでも無いでしょう。


アメリカなどでは広報スペシャリストを育成していくプログラムもある様ですが、日本ではまだまだ広報業務を”ローテーションの一環”と捉えている向きが強いと思います。


しかし社内などの現場に”広報を解っている人””広報部門に協力的な人””現場でニュース素材をキャッチできる人”などを育成していく、社内全体に広報という考え方を根付かせていくためには、このローテーションという仕組みは逆に効果があるのではないでしょうか?


組織横断的な広報連絡会議を組織するなどは大袈裟すぎでしょうが、まずは前任者、前々人者などと定期的にコミュニケーションを図ってみては如何でしょうか?広報部門を離れて初めて見えることなども参考になるだろうと思います。


前任者を活用できているか否か、ここで大きく広報力に差が生じていくだろうと思います。


クリックをお願いします!

















 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

広報業務の引き継ぎは可能か 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2010/06/30 10:31)

自分が決める、ということ。 岩井美樹 - コピーライター(2014/07/01 15:19)

Spec差よりも大事なモノ 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/12/09 11:37)

就活解禁 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/12/02 06:04)

記者の関心事を把握してますか? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/11/13 11:18)