忘れ物が多い人  集中タイプと気配りタイプのバランス - 各種の人事労務・組織 - 専門家プロファイル

渋田 貴正
株式会社アントレプライト 代表取締役 中小企業アドバイザー
東京都
組織コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
渋田 貴正
(組織コンサルタント)

閲覧数順 2017年09月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

忘れ物が多い人  集中タイプと気配りタイプのバランス

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 各種の人事労務・組織

私は昔からよく忘れ物をします。

一度小学校にランドセルを忘れたことがあります。
また、大学受験の時は腕時計を忘れました。試験会場には時計がないので必ず持参と言われていたにもかかわらず、ホテルに忘れました。(そのときは、会場に来ていた高校の先生に、近くのコンビニまで走って買いに行っていただきました。あの日を救ってくれた先生には感謝です!もうその時計は動いていませんが宝物です。)

忘れ物にはいつも気を付けているのですが、なかなか治りません。気を付けるといっても、本当に注意しているだけで特に何の対応も取っていませんでしたが。
とはいえ、さすがに最近では限界が来て、ようやく手帳にタイムスケジュールをつけ始めました。

どうしてこんなに忘れ物をしてしまうのだろうかと考えてみて、ようやく自分なりに答えを導きました。

「一つのことに気をとられすぎる」なのではないかと思います。
受験では、ほぼ受からないくらいの成績だったので、試験内容が気になって仕方がありませんでした。その結果、肝心の時計を忘れてしまいました。

今でもたまにほかのことに気を取られすぎて、肝心なものを忘れます。
何か気になる仕事があって早くオフィスに行きたいと思っているときほど、鍵を忘れて入れない。
はやく家に帰りたいと思っているときほど、オフィスに家の鍵を忘れて入れない。
なんておっちょこちょいなんだと思いますが、これはもう気をつけても治らないと観念しました。

しかし、ひとたび夢中になれば、その対象に対してはとことんこだわります。忘れ物はその代償なのかと納得させています。
こういった人には、細かいことに気配りできるパートナーがいると非常に強いコンビネーションを生み出せます。

たとえば、集中タイプの人が新しいサービスを考えて、お客様に選んでいただけたとします。しかしこの人はサービスの内容で頭がいっぱいで、たとえばお客様の代金支払い、納品のプロセスなんてほとんど考えていません。
そういったところをフォローできる気配りタイプがいれば、この人はさらにその強みに注力できます。気配りタイプも、細かいプロセスの構築といったところで強みを発揮できます。

組織とは、そうした人の有機的な結びつきで、現状の働きの単純な足し算以上の効果を発揮できる場なのだと改めて感じる今日この頃です。

中野区のプライト社会保険労務士事務所
中小企業の経営コンサルティング 株式会社アントレプライト

▼以下当社からのサービスのご紹介です。▼
社労士とシステム会社のコラボ!勤怠システム改革

社員の業務お見せします。見える化と社内セキュリティ強化の一台二役

社員の仕事ちゃんと評価できてますか?「平等」な人事評価制度で社員のモチベーション、業績アップ!

単なる代行屋じゃない。社長のお悩み解決します。だけどまずは給与計算代行・社会保険手続き代行で当事務所の質を確認してください。

このコラムに類似したコラム

規制の中の個性 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2010/03/08 00:30)