価値観の否定~モラルハラスメント - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

佐藤 千恵
行政書士東京よつ葉法務オフィス 
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2017年04月30日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

価値観の否定~モラルハラスメント

- good

モラルハラスメント ブログから

*   *   *   *   *   *
モラルハラスメント被害 
女性の離婚専門板橋区の女性行政書士 
東京よつ葉法務オフィス
モラハラ行政書士のちえぼぅです

*   *   *   *   *   *




先日


価値観の押し付け


という記事を書きました。




記事を書きながら考えて、

そして、

みなさんが寄せて下さったコメントを

読みながらまた考えました。



そもそも、どうして価値観を押し付けられると

苦しいのだろうかと。





そうして思ったのは、




価値観を「押し付けられる」こと


それ自体も大変苦しいことなのだけれど、


結局はそれによって


「自分の価値観を否定される」


ことが、同じくらいに苦しいのではないか、と

言う事です。




人間の価値観とは、一朝一夕に出来上がるものでは

ありません。



その人の幼少期からの育った環境


友人関係


学んだ学問や就いている仕事


そして家族



こう言った、その人にとって大切ないくつもの

人、物、ことが折り重なって、


そうしてその人の価値観が出来上がるのだと

思います。




ですから、自分の価値観を否定される事は

まるで


「これまでの自分」


を全て否定されるようで、辛いのだと思います。




モラハラ夫の否定の仕方は


「あなたの良い所もたくさん知っているけれど、

ここの部分だけ直してくれたらな。」


と言った、

気遣いや愛情のあるものではありません。




とにかく、自分の意と異なる事は全否定。




「常識が無さ過ぎる」


「その頭はかざりなのか!?」


「お前の親もどうしようも無い親だ」


「下らな過ぎる」


等など、とても人に対して発するとは思えない

暴言で責め立ててきます。





被害者妻は、今の自分はもちろん、



これまで頑張ってきた自分、


自分を育ててくれた親、


幼少期の大好きだった環境、


真摯に取り組んでいる仕事、


大切な友達、


愛を持って一生懸命している子育て



こう言った、自分に関する全てを否定されたようで、

身を切られるように辛いのだと思います。




他人同士なのだから、価値観は違って当然。



だからこそ、お互いに思いやって、気遣いあって、

価値観をすり合わせて行くんです。




今あなたが持っている価値観は、


あなたがこれまで生きてきた証でもあると

思います。




それを全て否定されながら生きていくのは、

あまりに辛すぎるのではありませんか?






*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成に
ついてご相談を受付けています。

初回相談は30分無料ですのでどうぞご利用下さい
東京よつ葉法務オフィス
離婚支援センター

電話:03-3579-8577
メール:info@yotsuba-houmu.com
*   *   *   *   *   *

このコラムに類似したコラム

一年を振り返って 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/30 10:06)

心を真っ直ぐに見つめる~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/27 10:06)

疲れた時は。。。♪ 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/23 10:06)

自分だけが正しい~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/21 13:06)

怒りの表現方法が尋常ではない~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/20 09:06)