宝物のような時間が終わる - コラム - 専門家プロファイル

野村佳代
出版/広告プロデュース〜企画・ライティングからデザイン・印刷まで 株式会社アスラン編集スタジオ 代表取締役
ライター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

宝物のような時間が終わる

- good

物書きとして思う、つれづれ


まだ息子が2ヶ月だったときのことです。

スーパーで買い物をしていると、
抱っこ紐の中で眠る息子を見て、
見知らぬおばあちゃんに
「よく眠ってるわね。2ヶ月ぐらい?」と
話しかけられたことがありました。

とても小さなおばあちゃんで、
優しげな顔で赤子を見つめていました。

はい、2ヶ月ですと答えると、

お母さんは一番大変な時だけれどね、
宝物のような時間だから。
がんばってね。


おばあちゃんはニッコリ笑いながら
小さくて暖かい声で、そう言ってくれました。

それで、私は

私は今、宝物のような時間を過ごしているのかぁ。。。

と自覚したわけです。

睡眠時間も少ない日々でしたが、
とても励まされました。


と同時に、

私も年をとったら、
あんなことをサラリと言える
かわいいおばあちゃんになりたいなあ。


とも思いました。

とにかく、小さくてかわいらしいおばあちゃんだったのです。


そのとき、抱っこ紐の中でスヤスヤと眠っていた息子は
もう6ヶ月になりました。

来月、というか来週から保育園に行くことが決まっています。


その間、仕事に集中できるというホッとした気持ちと
さみしいという気持ちが半々で、とても複雑・・・

保育園に行くことで、
宝物のような時間が終わってしまうわけではないけれど、
それでも、何か一つのステージが終わって、
次のステージが始まるんだな、と感じています。






このコラムに類似したコラム

プロ☆ 川上 美佐 - 恋愛アドバイザー(2013/09/11 18:36)

忘れていた1人の感覚 野村佳代 - ライター(2012/04/10 14:11)

放送大学で平成28年10月学びをスタートした人たち 笹木 正明 - キャリアカウンセラー(2016/09/14 11:11)

体調管理に気を付けましょう 市原 真二郎 - カイロプラクター(2015/04/16 23:50)

リスク回避を考える姿勢 瀧内 賢 - Webプロデューサー(2014/12/11 16:00)