How to become Steve Jobs 《小中学生のBusiness Idea》 - ビジネススキル研修全般 - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学専門家・英語教育者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
田原 洋樹
田原 洋樹
(人材育成コンサルタント)
佐野 由美子
(ビジネススキル講師、マナー講師)
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

閲覧数順 2017年10月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

How to become Steve Jobs 《小中学生のBusiness Idea》

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ビジネススキル研修
  3. ビジネススキル研修全般
クリティカルシンキング

まったく関連性のないふたつの「もの」の概念をブレンドして、Creative な商品を開発する Project。
小中学生の[えいごで社会科]。

「学校の社会科嫌い~。 おもんない。 覚えるだけぇ。」
社会科が子供の好奇心を満足させないなんて犯罪に近い!と思いました。 

そこで子供たちの脳を満足させるべく、毎年様々なSocial Studies Project を行っています。
今年は、[Steve Jobs になる方法]。

Traditional な従来の考え方、今の日本の大人たちが信じて疑わない考え方、教科書に書いてある考え方、そんな考え方から飛び出して、想像力をいっぱい使ったCreative Project.

毎日普通に使っているプルトップの缶。 実は、そんなuntraditional な創造から生まれました。

― 昔の缶切は大きくて重くてなかなか使いにくいものでした。 そこでどうしたら缶切を改良出来るかと考えました。 缶切をいくら眺めてもいいIdeaが出て来ないので、Function(機能)に注目しました。 「開ける」「開く」という機能。 他に「開く」「開ける」ものは?

思いついたのが、pea pod 豆のさや。 縦にさやの弱い部分があり、そこから開いて豆がはじけます。 豆を開ける時にもその縫い目のような弱い部分から開けます。

缶にも弱い部分を作って、そこから手で開けられるように出来るはず。 
それで出来たのがプルトップの缶です。 缶切を改良するより、缶を改良してしまいました。 -

そんなuntraditional な考えと、世界の常識Critical thinking の基本を、日本の小中学生の脳に経験させるためのProjectです。

方法:

1. 3人にグループを結成。 それぞれのグループがたくさんのカードの中から2枚だけ引く。

2. そのカードに書いてあるふたつの「もの」をブレンドした商品を考え出す。

3. ただ単にぼ~っと考えても出てこない。 
コツは、その「もの」のfunction(機能)を考えてみること。 
どんどんbrainstorm (脳から出て来るIdeaを全部書き出す)してみると何かが見えて来る。 
共通点もよし、まったくの相違点もよし。 何でも。

どんどんIdea をことばにして叫んでいる子供たちは閃くのが速い。 脳が刺激されているからかな。

4. そして出来た商品を絵にしていくうちに、どんどんIdea が発展。

5. そのIdea を英語でプレゼンテーション。 
小中学生だから複雑な説明は抜き。 
簡単な英語でいかに具体的にアピール出来るか!の練習。

それぞれのGroupが引いたカードは以下の通り:

Group 1 a jungle and weeds(ジャングルと雑草)
Group 2 trash and a sculpture(ゴミと彫刻)
Group 3 lungs and fat (肺と脂肪)
Group 4 a pot and a drawer  (鍋と引き出し)
Group 5 a detective and a tongue  (刑事と舌)
Group 6 a shark and silver  (サメと銀)
Group 7 nosebleed and Jello  (鼻血とジェロ(ゼリー))
Group 8 ice and an eye  (氷と目)
Group 9 an umbrella and sleet  (傘とみぞれ・氷雨)
Group 10 a roof and a hip  (屋根と腰)

さあ、どんな商品を開発しますか?

《小中学生のBusiness Idea》はYou tube で公開中です。  

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学専門家・英語教育者)
Super World Club 代表

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

カナダ高校留学・大学留学・大学院留学・政府認証ボランティア体験のカウンセリング及びサポート。 Canada 在住。Big History Project 指導 (カナダよりオンラインにて)

カテゴリ 「クリティカルシンキング」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 自宅で子供に英語を教える方法 -Big John Math を使って

[えいごの宿題] Big John Mathを使うと - 自宅が世界レベルの英語教室に

料金
2,000円

大澤眞知子がカナダの数学専門家と共同開発した教材Big John Mathの使い方指南。 
お父さんお母さんが英語の先生。 発達心理学注目の新しい教育法で、自宅が世界レベルの英語教室に。  
英語の基本がコンピュータープログラムでどんどん脳に入って行きます。 
親子で点数とタイムを競うのも楽しい。 
 
英語教室の先生や、学校の英語の先生が教材として使う場合も相談可能です。

自宅で子供に英語を教える方法 -Big John Math を使って

このコラムに類似したコラム

最近読んで良かった英語本はこちら(5/26現在) 中尾 匡宏 - ビジネス英語コーチ(2014/05/26 20:00)

嫁・姑の問題 下枝 三知与 - ビジネススキル講師/カウンセラー(2013/12/02 12:34)

子供の幸福 下枝 三知与 - ビジネススキル講師/カウンセラー(2013/11/18 10:57)

将来への不安 下枝 三知与 - ビジネススキル講師/カウンセラー(2013/11/15 10:43)

メニュー 下枝 三知与 - ビジネススキル講師/カウンセラー(2013/11/08 15:33)