「理解する」ことは諦める~モラルハラスメント - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

佐藤 千恵
行政書士東京よつ葉法務オフィス 
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
松山真己
(臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「理解する」ことは諦める~モラルハラスメント

- good

モラルハラスメント ブログから

*   *   *   *   *   *
モラルハラスメント被害 
女性の離婚専門板橋区の女性行政書士 
東京よつ葉法務オフィス
モラハラ行政書士のちえぼぅです

第5回モラルハラスメント語りと癒しワーク
開催します

とき:2012年3月3日(土)10:00-12:30
ところ:西新宿KIHビル(西新宿7丁目)
料金:お一人さま3,000円
*お飲み物、お菓子用意します
*途中退席自由
*女性限定*
詳しくは こちらの記事  をご覧下さい 
*満席になりました*
*   *   *   *   *   *





自分が夫から受けている苦しさや理不尽が

「モラルハラスメント」

という暴力だと知るに至った方は、

すでにこの時期を過ぎているかも知れませんが。。




モラハラ夫との関係について


「どうしたらこの人と、もっとうまくやって

行けるのだろう。」


「どうしたらこの人の気持ちがわかるのだろう。」


「もっとこの人を理解してあげたいのに。」


と、考え試行錯誤する時期があります。




この時期は、とてもしんどい。



いや、モラハラ被害に関して言えば、どの時期も

大変に辛くしんどいのですが。。



でも、特にこの時期はモラハラという言葉も知らず、

自分が受けている被害が何なのか、

夫から自分に対して向けられる強烈な悪意の

理由が分らず、


とても混乱し、恐怖する日々だと思います。





「理解してあげたい」

と思っている間は、このモラルハラスメントという

被害から抜け出すのは大変難しいです。




「理解してあげたい」


「何とかうまくやっていけるはず」


そう思っている間は、残念ながら

日々心をすり減らしながら、報われない努力を

続けることになってしまいます。



(もちろん全てのケースがこうではなく、

中には「切り離す」事で共存して行かれるケースも

ありますが。)




理解する事を諦められた時、

やっと、次のステージに向かう道筋が

見えてくるのかもしれません。




普通の人間関係であれば、

お互いを理解しようと努力したり、

関係がうまく行くようにお互いが努力したりと

言う事は、当たり前の事です。




ですが、相手がモラハラ夫の場合、

この

「お互いに」

という事ができません。



「理解する」ことを諦めると言う事は、

同時にモラハラ夫との心の決別、そして

物理的にも法的にも決別へ向かうことを

意味するかもしれません。



大変重く、大きな決断になるでしょう。



覚悟も、勇気も必要です。




ですが、その覚悟や勇気と引き換えに

取り戻せるものは、



「あなたらしさ」



という宝物なのではないでしょうか。






*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成に
ついてご相談を受付けています。

初回相談は30分無料ですのでどうぞご利用下さい
東京よつ葉法務オフィス
離婚支援センター

電話:03-3579-8577
メール:info@yotsuba-houmu.com
メールフォームはこちら
*   *   *   *   *

このコラムに類似したコラム

一年を振り返って 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/30 10:06)

心を真っ直ぐに見つめる~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/27 10:06)

疲れた時は。。。♪ 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/23 10:06)

自分だけが正しい~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/21 13:06)

怒りの表現方法が尋常ではない~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/20 09:06)