好きな事をするのが怖くなる~モラルハラスメント - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

佐藤 千恵
行政書士東京よつ葉法務オフィス 
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

好きな事をするのが怖くなる~モラルハラスメント

- good

モラルハラスメント ブログから

*   *   *   *   *   *
モラルハラスメント被害 
女性の離婚専門板橋区の女性行政書士 
東京よつ葉法務オフィス
モラハラ行政書士のちえぼぅです
*   *   *   *   *   *




モラハラ加害者の夫は、妻が得意な事、

好きな事をピンポイントに見抜いて攻撃の

対象とする事があります。




最も多いと感じるのは、料理ですね。




元々お菓子作りやお料理が大好きだった妻。



結婚前は、夫も

「美味しい美味しい」

と言って、妻が作る料理を食べてくれていました。




ところが結婚後、

手のひらを返したように


・妻の作った食事を見てため息をつく


・妻の料理には手をつけない


・まずそうに、不満そうに食事する


等の態度を表します。



酷い時には、この攻撃に夫の父母(舅や姑)が

加わる事も。



妻は、あんなに大好きだったお料理をする事が

怖くなってしまいます。



「台所に立つのが怖いんです。

夫のいる食卓に行くのはもっと怖いです。」


と仰る方もいらっしゃいます。




他の家事に関しても、例えば妻がアイロンを

掛けたシャツを見て、無言でクリーニング店に

もって行ったケースや、


一般的なレベルの掃除をしているのに、重箱の

隅をつつく様に掃除の不行き届きを指摘する

ケース。



こう言った行為が続けられると、妻は家事を

する事が苦痛で恐怖に変わります。




専業主婦の場合などは、


「家事が出来ない=自分は価値のない人間」


と考えてしまい、自己価値の喪失に苦しむ事に

なってしまい、深刻な影響を与えます。




ただでさえ、自省的な性格の持ち主が多い

モラハラの被害者。



たとえ理不尽な指摘であっても、モラハラ被害の

真っ只中にいる時は、


「やっぱり私が至らないんだ」


と、自分を責めてしまいます。







あなたから好きな事を奪うのは、モラハラ攻撃の

常套手段です。



他者の「好き」を奪うなんて、傲慢です。


本来誰にもそんな権利はありません。






モラハラからの脱出後、大好きだったお料理を

存分に周囲に振舞ったり、お花や手芸などを

楽しんでいる方、

好きだった仕事に打ち込んでいる方々に

出会う事があります。



私も、本当に嬉しくなります。





あなたにも、あなたの好きだった事が

あるはずです。




自分らしさを取り戻して、存分にそれを

楽しみませんか?






*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成に
ついてご相談を受付けています。

初回相談は30分無料ですのでどうぞご利用下さい
東京よつ葉法務オフィス
離婚支援センター

電話:03-3579-8577
メール:info@yotsuba-houmu.com
メールフォームはこちら
*   *   *   *   *

このコラムに類似したコラム

一年を振り返って 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/30 10:06)

心を真っ直ぐに見つめる~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/27 10:06)

疲れた時は。。。♪ 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/23 10:06)

自分だけが正しい~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/21 13:06)

怒りの表現方法が尋常ではない~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/20 09:06)