M&A、ファンド優位に異変 コロナで融資受けにくく - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

Nihonbashi Family Office 代表取締役
東京都
Nihonbashi Family Office 代表

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2024年05月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

M&A、ファンド優位に異変 コロナで融資受けにくく

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般

M&A、ファンド優位に異変 コロナで融資受けにくく

新型コロナで「普段は見えなかった各ファンドの実力があらわになった」

(大手銀のM&A融資担当)との声も上がる。

資金を調達する力だけでなく、企業価値を高める提案ができるかどうか。

ファンドの手腕が問われている。

日経新聞の記事はこちら




----------------------

Office TFP では

法人の融資

ご相談も受け付けております。

----------------------

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / Nihonbashi Family Office 代表)
Nihonbashi Family Office 代表取締役

Nihonbashi Family Office

資産の発展、永続化を実現する専門家組織です。ファミリーオフィスの起源は6世紀のヨーロッパに遡ります。かつては王族の資産を管理していたファミリーオフィスは19世紀頃にロックフェラー一族の繁栄を目的に設置したことから超富裕層の間に広まりました。

このコラムに類似したコラム

「日本の対外純資産」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2022/07/14 15:48)

【執筆】加筆訂正…海外FXの記事を監修しました 大泉 稔 - 研究員(2022/02/10 14:06)

【執筆】海外FXの記事を監修しました 大泉 稔 - 研究員(2022/02/05 18:20)

「最近、株式市場で注目を浴びる“SPAC”とは何か!?」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2021/06/03 16:13)