コンプライアンス教育で全ての社員に伝えるべきフレーズ(1)「数字を追うのは・・・」 - コンプライアンス研修 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:顧客満足・コンプライアンス研修

藍色 シアン
藍色 シアン
(メンタルヘルスコンサルタント)
藍色 シアン
藍色 シアン
(メンタルヘルスコンサルタント)
藍色 シアン
藍色 シアン
(メンタルヘルスコンサルタント)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2019年07月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

コンプライアンス教育で全ての社員に伝えるべきフレーズ(1)「数字を追うのは・・・」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 顧客満足・コンプライアンス研修
  3. コンプライアンス研修
日常を哲学する


コンプライアンス教育で全ての社員に伝えるべきフレーズ。

それは、
企業が数字を追うのは必然

解説はこちら→ クリック

中沢努  (無断転載や無断複製禁止) 

コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ 、http://pensee-cmp.com/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

カテゴリ 「日常を哲学する」のコラム

コンプライアンス研修の例(2019/07/03 11:07)

このコラムに類似したコラム

新しいコンプライアンス教育の常識(1) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/07/12 13:41)

職場を前向きにするコンプライアンス研修 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/07/11 10:05)

規則を教えるコンプライアンス研修は逆効果をもたらす 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/07/09 11:05)

コンプライアンス研修の例 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/07/03 11:03)

コンプライアンスを定着させるポイント 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/07/02 10:47)