0から始める!小尻作り基礎の基礎 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)

閲覧数順 2022年01月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

0から始める!小尻作り基礎の基礎

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

本日は来年発売の雑誌2社の取材へ。


ヒップアップや脚痩せは、
昔からニーズがありましたが、
変化しているのは、近年益々増えている
女性の筋トレへの取り組み。


ここで一番多いのが、
仮にヒップが上がっても脚が太くなる、
最悪が、ヒップも脚も太くなる、、

なってからでは遅く、
サイズダウンさせるまでに
ある程度の時間がかかります、

ということで今日は、骨格別に
ヒップ位置を高く小さく
脚のラインは太くしない
エクササイズの流れと基礎のご紹介です。




脚が長く見える!
パンツがキマる!
横から見たラインに女性らしさが出る!

バストの次に脂肪層の厚い
女性特有の武器であるヒップ。

ですが、、
ヒップにボリュームが出て
上の3つのメリットが消えてしまう、
というパターンが激増しています。。

今日は嚙み砕きながらも
あえて専門的に書きます。


1.ヒップを作る筋肉
ヒップは
大臀筋→ボリュームの要
中臀筋、小臀筋→高さの要
深層外旋六筋→形の要
(梨状筋、外、内閉鎖筋、大腿方形筋、上、下双子筋)
で構成されています。


2.ヒップのエクササイズの種類
実際にヒップの形を作るには
大きく分けた
これら3つの筋肉のエクササイズの
組み合わせになります。

そして、エクササイズの種類は3つ

OKC (オープンキネティックチェーン)
→足の裏が地面についていない
・ヒップレイズ等

肘を地面に着いて
四つ這いになります。


踵を天井に向けて伸ばします。

CKC(クローズドキネティックチェーン)
→足の裏が地面に固定されている
・スクワット、ヒップリフト等

仰向けになり
両膝を90度に立てます。


カラダと一直線になるまで
ヒップを持ち上げます。


3.体型によるヒップの形
まずは、今のヒップが
どのような状態なのか?

(簡単に、前屈してベタッとつけば
骨盤前傾傾向。
それ以外は後傾傾向で見てください。)

骨盤前傾(身長160センチ未満)
→アヒルタイプ


骨盤前傾(身長160センチ以上)
→桃尻タイプ


骨盤後傾
→ヒップがペタンコタイプ



ここまでが基礎です。

ヒップはカラダで2番目に大きな筋肉で、
立つしゃがむで使う部位なので、
重りを持ってしゃがんだり、
仰向けでヒップを浮かせたりすれば
ボリュームが比較的容易につきます。

しかし、「ちゃんと」選ばないと
・太ももが太くなる
・ふくらはぎが太くなる

と、当初の
・脚が長く見える!
・パンツがキマる!
・横から見たラインに女性らしさが出る!

が感じられなくなります。。


順序として、
1.満遍なくヒップを刺激する準備
脚に太さを出さず、位置を固め、
キレイな丸みを作るには
ヒップの
インナーマッスルの働きを出す。

横向きになり
膝と股関節を90度に曲げます。


上側の膝を45度程度開きます。



2.骨盤タイプで脚を太くしない
ヒップ種目を選ぶ→

骨盤前傾(身長160センチ未満)
→アヒルタイプは→OKC

骨盤前傾(身長160センチ以上)
→桃尻タイプ→CKC

骨盤後傾
→ヒップがペタンコタイプ→OKC

ヒップの形を
高く、小さく、丸く変えて
脚に無駄に太さを出さないためには
この選択順序が必要です。


これからは
ノウハウが自分の能力になる時代
旅行に行ってる時も
引っ越して環境が変わっても
忙しくで時間がなくても
知っていれば悩むこともありません。

あなたのタイプと今のエクササイズ、
これから選ぶものを含め
ご参考にしてください。



0から学びたいあなたはこちらから↓
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
0から学ぶダイエット資格取得講座
1人の時も不安にならない。
〜ほっとできる強みの知識〜

○痩せよう!と思ったら誰よりも早く痩せられる
○時、場所を選ばず痩せられる!
○食事の場で無意識に痩せる食べ方が出来る



(↓クリック)
【NY,Paris認定 ダイエット専門
「オフィシャルモデルダイエット講座」】




1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「秋のモデル体型ボディメイクダイエット」

3ヶ月の体型のビフォーアフター
↓40代主婦1カ月弱で-17㎏(テレビでも続々証明!)



↓30代OLのダイエット


〇食事内容の一部をSNS公開


(↓クリック)
秋の!モデル体型ボディメイクダイエット




【50万部突破!】
ジムに通えない43都道府県のあなたへ。
モデルが秘密にしたがる
体幹リセットダイエット



(クリック↓)
詳しい書籍内容はこちら



 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー