不動産広告の出し方 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

永田 博宣
株式会社フリーダムリンク 
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

野城 郁朗
野城 郁朗
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2021年02月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不動産広告の出し方

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産売却・購入成功術
今回は、不動産を売却しようとする方へ、「不動産広告の出し方」についてお話したいと思います。

不動産を出来るだけ良い条件で売りたいなら、新聞の折込広告、インターネット、住宅情報誌などで幅広く広告をすることは有効な手段の一つです。

不動産を売却するときに、このような媒体でたくさん広告をしてもらいたいとしたら、どのように不動産仲介業者に売却を依頼しますか?

1.専任媒介で大手不動産仲介業者に依頼する
2.一般媒介で多くの不動産仲介業者に依頼する

ほとんどの方は、以上のどちらかを選択されるのではないでしょうか。

それは、売却を依頼している不動産仲介業者(のみ)が広告することがあたりまえだと思うからなのです。


不動産の広告の目的は、広告した物件を売るためであると同時に、購入希望者を集めるためでもあります。

その意味からいえば、反響の期待の少ない「自社で依頼を受けている物件」よりも、「他社で依頼を受けている物件」を借りてきて広告をしたほうが良いのです。

実際に、購入希望者を集めたい不動産仲介業者の多くは、業者間で広告の掲載の許可をとったうえで「他社で依頼を受けている物件」を広告しています。

つまり、広告しているからといっても、その不動産仲介業者が売主さんから売却の依頼を受けているとは限らないわけです。


以上のことから検証すると、どのような売却方法であっても、適正な価格で(多少高めでも)売りに出すのであれば、多くの不動産仲介業者に幅広く広告してもらえるということになるでしょう。

ただし、以下のような条件があります。

1.相場から乖離した売り出し価格でないこと
2.売物件情報が広く公開されていること
3.売却を依頼している不動産仲介業者が、他社に広告の掲載の許可出すこと

なお、3つめの条件については、自社で購入者を探す力の強い不動産仲介業者は、許可しないことが多いでしょう。

そのため、「専任媒介で小さな不動産仲介業者に依頼する」ほうが「多くの不動産仲介業者から幅広く広告してもらえる」ということもけっしてめずらしくありません。


CFP®・不動産コンサルティング技能登録者 永田 博宣



最新コラム・バックナンバーはこちら
不動産売却・購入成功術

【相続・不動産コンサルティング】
FP会社フリーダムリンク