「日本、ビジネス環境34位に!」 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 代表取締役社長兼C.E.O.
東京都
投資アドバイザー
03-5803-2500
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2021年09月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「日本、ビジネス環境34位に!」

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
よもやまブログ

こんにちは!

さて、毎年お伝えしていますが、この度、

世界銀行による「ビジネス環境ランキング」が、

発表されました。

 

世界190の国や地域における

“ビジネスのしやすさ”をランキングしたものです。

 

今回の日本は、昨年の32位から、

2ランク下がり、34位と評価されました。

 

日本の評価を下げた要因として、

「起業のしやすさ」が89位

「資金調達」82位などが挙げられます。

 

これだけ金融緩和策を行っているにもかかわらず、

需要と供給のマッチングができていないことが、

浮き彫りとなった形です。

 

ちなみに、上位5カ国は以下の通りです。

 

1位 ニュージーランド(前年1位)

2位 シンガポール(前年3位)

3位 デンマーク(前年2位)

4位 香港(前年5位)

5位 韓国(前年4位)

 

順位こそ変わったものの、

顔ぶれは全く変わっていないことがわかります。

安倍政権は、成長戦略を掲げ、

「2020年までに先進国中3位以内に入る」ことを目標に掲げていますが、

先進国(OECD)の中でも、いまだ日本は23位にとどまっています。

 

2020年までに、“本気”で目標を達成するためには、

今までにないような大胆な規制緩和

そして構造改革が待ったなしです。

もちろん、“国民の同意”があった上ですが。

 

10年先、そして100年先も見据えた、

「意思決定」を行っていきたいものです。

 

それでは、今週末も、穏やかな日々をお過ごしください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 代表取締役社長兼C.E.O.

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

03-5803-2500
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

“今日の数字”「40年債」(2020/08/28 18:08)

今日の数字「62%」(2020/02/27 16:02)

このコラムに類似したコラム

「世界における日本のランキング」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/11/27 14:34)

“今日の数字”「34位」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2020/08/20 15:34)

「日本の男女平等指数ランキング!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2019/02/14 16:48)

「日本における子供の成長環境は!?」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2018/10/18 16:46)

「2017年 日本の競争力は!?」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/10/26 17:52)