その上の皮下脂肪を減らすこと。 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

その上の皮下脂肪を減らすこと。

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

これらは元々形が付いているので
必要なのは
その上の皮下脂肪を減らすこと。

また、くびれは骨盤と肋骨の距離
で決まります。

必要な方法としては
1.全体の脂肪を減らす
→消費の大きなスクワットやベンチプレスなどなど。

2.肋骨と骨盤幅を広げる
→骨盤の傾きを地面に対して垂直にし
肋骨を情報に持ち上げる背中のエクササイズ。

これで基本的に縦線、くびれ、
斜め線は出来ます。


必要あれば、その彫りの深さ
深くしていく。
この時に初めて腹筋運動が
必要となります。


つまり、すでに割れていて、
より深く!の時以外!
腹筋をする意味はほぼないということ。

一生懸命腹筋!と信じて、
頑張っているのに、、、
と嘆く女性が多いだけに。

紙面でもきちんと伝えていかなければ!
強く再確認できた今日でした!

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー