そんな言い方して、間違ってたらどうするの? - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))

閲覧数順 2017年08月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

そんな言い方して、間違ってたらどうするの?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 体の不調・各部の痛み全般
「警察にいう一歩手前だからね!!」

全く身に覚えのないことで、クレームの電話をもらいました。

相手は、まるで私が諸悪の根源のように怒っています。

その方と関わりがあったのは、数年前の話で
今は一切関わりがありません。

ところが、数年間何も問題が無かったことは置いといて
今起こっている問題が、きっと私のせいだと連絡をしてきました。

電話の話を聞きながら、
「えーと、全然私に関係ないし、警察いって相談したほうがいいんじゃないか?」
という内容でした。

こういう時に、相手と同じ感情で話すと確実に揉めます。

私は、相手の感情にのらず、淡々と話をしていたところ
相手も感情が落ち着いてきたみたいで、電話を切りました。

この電話をしてきた人が私にクレームをいうのは
明らかにお角違いでした。

もし、数年前にその問題が起こっていたら、私は被害者で
警察に相談していたと思います。

こういった、自分の思い込みで怒ったけど、実はお門違い、間違いということがあります。

じゃあ、その時に相手に言った言葉を取り消せるかといえば、取り消せません。

逆に、間違って指摘したことで責任を取らされて、損害賠償という場合もあります。

国会で、野党が与党を責める時もそうですが、
「そんな言い方して、間違っていたらどうするの?」
ということは、何度もあります。

まあ、だいたい責任取りませんけどね、あの人たち。

言い方ひとつで、相手が協力的になったり、間違っていても許してくれたりします。

「私の周りにはトラブルが多い。」
という人は、自分の言動でトラブルを起こしていないか、自分の行動を振り返ってみたほうがいいかも知れません。





 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。