いまさら聞けない大人のマナー 日本の伝統行事 お雛様の飾り方 男雛は右?左? - マナー全般 - 専門家プロファイル

桜ことスクール 代表
東京都
国際マナー専門家
03-4455-3458
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

いまさら聞けない大人のマナー 日本の伝統行事 お雛様の飾り方 男雛は右?左?

- good

  1. スキル・資格
  2. マナー
  3. マナー全般
マナー&メイク&立ち居振る舞い 

こんにちは。

 

桜ことスクールの松井千恵美です。

 

お雛様を飾るとき男雛は右?左?

 

よく、関東と京都では飾り方が逆と言われてますが、昔は同じでした。

昔の飾り方は男雛が左(向かって右)、女雛が右(向かって左)

 


これは、日本の伝統礼法の一つに「左上右下(さじょううげ)」があります。

左(向って右)が上位、右(向って左)が下位とするしきたりです。

 

これに対し西洋のマナー・プロトコール(外交儀礼)では「右上位」で、

右(向って左)が上位、左(向って右)が下位とし日本と真逆です。

 

お雛様の飾り方は、昔は男雛は左(向って右)、女雛は右(向って左)。

それが皇室が明治時代に国際儀礼を取り入れ、公式行事で天皇陛下が

右(向って左)、皇后陛下が左(向って右)に立たれたことから、

両陛下の並び方を範として男雛を右側、女雛を左に飾るようになったのです。

 

 

関東でよく見る飾り方ですね。

京都では今でも伝統礼法に基づいて、

男雛を左(向って右)、女雛を右(向って左)に飾っております。

 

雛人形の飾り方に「関東式」や「関西式」があると言うより

古来の日本文化の「左上右下」だったのが、途中で変わったと言うことですね。

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 国際マナー専門家)
桜ことスクール 代表

礼儀正しさ、心遣い、品格を身に付ける世界に誇れるマナー習得

CA養成スクールでメイク・立ち居振る舞い等の講師実績を持った、お琴の家元が教える、大人のためのマナースクール。日本の伝統的な作法と国際マナーを体系的にまとめたメソッドで、その人の魅力を引き出し、美しさと品格を身に付けるマナーを教えている。

03-4455-3458
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「マナー&メイク&立ち居振る舞い 」のコラム

伝統文化賞を受賞しました(2017/04/03 22:04)

人を引き付けるマナー(2017/04/02 23:04)

このコラムに類似したコラム

今さら聞けない大人のマナー 新年度は挨拶&笑顔で良い人間関係を築く 松井 千恵美 - 国際マナー専門家(2015/04/03 11:35)

マイナビフレッシャーズのQ&A掲載 松井 千恵美 - 国際マナー専門家(2015/02/27 12:00)

2015年 謹賀新年 松井 千恵美 - 国際マナー専門家(2015/01/05 12:37)

「もう一度会いたくなる」人間関係を良くするマナー 松井 千恵美 - 国際マナー専門家(2017/04/01 23:39)

3月20日(月)21時30分 NHK「趣味どきっ!」に出演しました。 松井 千恵美 - 国際マナー専門家(2017/03/21 11:36)