リスクマネージメントする生活スタイル - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

奥山 裕生
奥山 裕生
(建築家)
野平 史彦
(建築家)

閲覧数順 2017年11月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リスクマネージメントする生活スタイル

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

成人の日の午後3時に起きた青森県内陸部の地震は、震度5弱と大き目な地震でした。

地質学分野で地震は予知できないものとされてますが、他の手法として

1.GPSを利用し地殻変動の動きを事前に測定する手法(測量学)

   村井東大名誉教授

2.電磁気における地震の前兆現象を測定する手法(電子工学)

  早川電気通信大学名誉教授


などあります。

天気予報ほど精度が高くないということで、気象庁などの予報には該当しないようですが、私は2の手法をリスクマネージメントとして取り入れてます。

予測されていても起きなければラッキーという考えであれば、当たりはずれで一喜一憂することはありません。

今週の地震解析ラボアプリで、青森県内陸部が震度4予想になってましたので、地域に住まわれている方も起きるかもしれないという心づもりで居たら慌てることはなかったかもしれませんね。







天気予報で土曜日が雪マークだったりすると、遊びに行く予定をずらしたりすように、私自身も地震予想がされている地域に行くことがあるときは、参考として気をつけるようにしています。

千葉~茨城の海沿いも2週間以内に震度3~4程度の予報としてゾーニングされているので、内陸で起きても津波などの心配は無さそうですね。

「信じるか信じないかは貴方次第です」と言われればそれまでですが。。w







カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

Guns N' RosesとBABYMETAL(2017/01/29 00:01)