水平垂直を意識してみる - 建築物・風景写真 - 専門家プロファイル

宮本 陽
And EM アンド・エム 代表
兵庫県
カメラマン

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:写真撮影

古田 晃広
古田 晃広
(カメラマン)
古田 晃広
古田 晃広
(カメラマン)
宮本 陽
宮本 陽
(カメラマン)
宮本 陽
(カメラマン)
宮本 陽
(カメラマン)

閲覧数順 2017年11月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

水平垂直を意識してみる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 写真撮影
  3. 建築物・風景写真
ブログサテライト

ブログサテライト

 

水平垂直?

何それ?


そういった方に。



iPhone(iOS9.1)の例では、

[設定]--[写真とカメラ]--[グリッド] と進み、スイッチをOnにする。


これで撮影時の画面に縦横の格子が各2本表示されるようになる。

フレーミングの邪魔にならない程度に「細く」表示されるため、撮影意欲を削ぐこともない。


被写体が、構築物など水平・垂直にデザイン性が存在する場合、写真のフレームにその水平・垂直を合わせておく。

これだけで随分と印象が変わる。



本来、撮影は個々人の自由であって、別に水平・垂直を過度に気にする必要はない。

少しくらい斜めになっていても「それが撮影者の意図」である限り誰も文句は言わない。

また、斜めにすることで斬新さを感じる場合もあるだろう。

まして、シャッターチャンス最優先のシチュエーションなら言わずもがな。



しかし、そうした意図がなく「いい加減に撮影」をすると、そのいい加減さが見る者に伝わるもの。


撮影テクニックやノウハウ本、さまざまな情報が溢れる中、その情報を一つひとつトレースするやり方は疲れるだけだ。

勉強熱心なのは良いが、疲れて写真趣味から離れる人を数多く見てきた。



ちょっとしたことを、少しだけ意識する。

これが大きなアピール力になることも多い。


ちょっと意識するのも辛い...。

ならば、現状維持で。

楽しみ方は人それぞれ。

 


(Official Blogへ)
水平垂直を意識してみるhttp://and-em.com/blog/index.php?no=r4171


「メルマガ:平成のデジタルフォト通信」でも色々なお話をお伝えしています。

http://and-em.com/mailmagazine.html へどうぞ。

このコラムに類似したコラム

窓際で撮ってみる 宮本 陽 - カメラマン(2016/04/15 11:00)

少し暗めに撮ってみる 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/19 12:00)

モノクロには無限とも言える表現がある 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/17 13:00)

撮影に対する感覚が麻痺していないだろうか 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/13 11:00)

プリントをする際のアドバイス 古田 晃広 - カメラマン(2013/02/22 04:28)