『生活費以外は自由』58% - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

株式会社リアルビジョン 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
松尾 琢磨
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年10月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『生活費以外は自由』58%

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般

皆さんこんにちは、

個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動している渡辺です。

 

日本経済新聞の記事によると、1980年代に消費の担い手として注目された、

共働きで子供のいない夫婦『DINKS(ダブル・インカム・ノー・キッズ)』が変化している。

日本経済新聞社が20代から40代のDINKSに尋ねたところ、

58%が『生活費を負担すれば、それぞれ好きにお金を使って良い。』と答えた。

夫婦一緒より、別々の時間を尊重する傾向が高まっている。

 

調査では86%が『自由に使える金額の範囲なら、好きに使っている。』と答えた。

また、81%は『DINKSなので個人の消費を楽しめる。』とし、

一ヶ月のお小遣いの平均は6.9万円。

民間調査のビジネスマンの平均4万円弱を上回っている。

とのことです。

 

私がDINKSの方の家計や住宅ローン相談、

将来のライフプラン設計の相談を行うことがよくありますが、

ほとんど方が生活費以外は皆さん自由にお金を使っています。

旦那さんに比べると奥さんの方は比較的貯金をしている方が多いのですが、

旦那さんの中には全く貯金をしていないという方も結構います。

 

家計を管理する場合、

夫婦お互いの収入をまとめて管理する方が遙かに効率が良いのは皆さんわかってはいますが、

これがなかなかできないものなのです。

せめて将来のライフイベント資金を確保していくためにも、

夫婦お互いの収入の20%を目標に、

貯金していくことをお勧めします。

 

以上、ご参考していただけますと幸いです。

マネーに関する悩みや不安を解消するリアルビジョン

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 夢を実現できるライフプラン設計(提案書&ライフプラン表付)

将来予定している『教育資金』、『住宅購入資金』、『老後資金』などの資金対策を行います。

料金
30,000円

あくまでも個人の方のマネー相談や、ライフプラン設計にこだわり、
10年以上の実績と経験が、あなたの将来の夢の実現のためにアドバイスします。

夢を実現できるライフプラン設計(提案書&ライフプラン表付)

このコラムに類似したコラム

高校から大学 880万円 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2015/02/24 17:18)

結婚26%が再婚 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2017/03/14 16:00)

結婚したい20代急減 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/07/14 14:48)

夫婦の5割り共働き 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/03/29 15:50)

怠けアリにも働きあり? 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/02/24 14:47)