そろそろ自己満足に浸ってみたい - 保険設計・保険見直し全般 - 専門家プロファイル

「保険と金融」の相続総合研究所 
東京都
研究員
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
(ファイナンシャルプランナー)
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年02月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

そろそろ自己満足に浸ってみたい

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険設計・保険見直し全般
生命保険 生命保険
FPとして登録して、間もなく10年が経とうとしています、
この10年間は…「サラリーマン時代」よりも人間関係に苦しみました(^_^;)。

FP登録したての頃。
お客様を訪問するのに当たり、師匠に同行してもらうと…。
訪問先のお客様に、どんなに喜んで頂いたとしても
「なぜ、あり得ない生命保険の提案をするのか?」と詰問されたり
「損害保険を成約しても、全く無意味だ」と指摘されたり
と、「成果を常に否定される」日々。

FPとして活動を開始して間もない頃。
使用人として所属していた代理店の社長からは。
「CFPのくせに、そんな契約しか取れないのか」
「医療保険の契約なんて、そんなもの取って喰っていけるのか?」
「資格だけ取っても、契約が取れなければ喰えないぞ。喰えないCFPめ」
と定例のミーティングで、「大勢の募集人の前で罵倒されまくる」日々。


信賞必罰という言葉もあるように。

成果は成果として認め、
不足するところは不足するところとして、改めるように指導しなければ。

「成果」も「不足」も、同じように否定されまくったのでは…育たない。
それどころか、自分の行動と経験に対し、自信と責任が持てなくなる。
そして、お客様への後ろめたさが募り…最悪の場合、「自分に疑い」を持つようになる。


師匠の下にいた3年間&使用人として所属していた代理店の3年間。
これらの期間というのは、
何が「正しく」、何が「誤ったこと」なのか、それすらも判断が出来ない日々。

今は師匠もいないし、社長もいない。

そろそろ、「喜べる時」には、素直に喜びたいと思うようになりました。



カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 研究員)
「保険と金融」の相続総合研究所 

突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

突然の相続で…「株式や投資信託を相続して」困っていらっしゃる方。多額の生命保険金を受け取って戸惑っていらっしゃる方。お気軽に、ご相談ください。

050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「生命保険」のコラム