母業と仕事 - 書類作成・申請 - 専門家プロファイル

吉田美如行政書士事務所 
東京都
行政書士・メンタルケア心理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:法律手続き・書類作成

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

母業と仕事

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 法律手続き・書類作成
  3. 書類作成・申請
法務相談 外国人
ご訪問頂きまして、誠にありがとうございます。
最近、一杯一杯な私ですが、色々と考えることもあり、印象に残る日々の出来事を記録するためにも、書いてみました。
一昨日、夕方スーパーで息子と一緒に買い物していたら、突然「ケーキ作ろう!」って、パンコーナーに飛んでいき、(皆さんもきっと見たことのある)シフォンケーキを持ってきました。子供と一緒に作業するとき、このシフォンケーキがとても便利で、私の気が向いたとき限定ですが、子供達と一緒にミニケーキを作るんです。


どうやら息子は、ケーキを食べたいというよりも、生クリームを泡立てたり、ケーキにクリームを塗ったり、フルーツをのせるという、母との共同作業が好きみたい。途中で、ペロッとクリームを味見してみたり、遊びの延長のようで、とっても楽しいみたい。
なのに一昨日は、あまりに時間の余裕がなくて、息子をなだめて、明日にしようねって冷蔵庫にしまってしまいました。
昨日はまた、業務進行中のお客様6人から、電話やメールが夕方頃に集中。なかには、英語で返信しなきゃならないものもあり、とっさに単語が出てこなく、スマホで辞書を検索していたら、着信による中断されたり。だんだんと私自身の余裕がなくなり、夕飯も作ってないし、息子には電車で一緒に遊ぼうと懇願されたり、そうかと思えば、兄弟でおもちゃの取り合いをして、下の子が大泣きしたりと、イライラつづき。
本当は、子供達と一緒の時間はできるだけ、お仕事から離れたいのですが、毎日がそうもいかず、昨日の夕方は、負のスパイラルに突入しちゃいました。
ところで昨日の息子、前日買ったシフォンケーキのことなんてすっかり忘れていて、作業が面倒になってしまった私は内心、息子が寝てからこっそり一人で食べちゃおうと思い、ケーキの存在を、思い出させないようにしていました。
でも、心の中にはちょっと罪悪感もあって、イライラしていた自分にも反省して、「やっぱりやるか~!」と思いなおしました。
冷蔵庫の奥から、シフォンケーキを取り出したら、「やった~!!ケーキ作るの~?一緒にやろう!」って、キラキラ目を輝かせた子ども達。
母は、ただただ反省。ケーキの土台もあって、生クリームをホイップするだけのことなのに、私は何をためらっていたんだろうか?ホイップクリームさえできれば、息子が遊びながら、ケーキにクリームを塗ったくって、家にあるバナナをのせて、好きなチョコレートを飾って、あっという間に完成するのに。
やっぱり子どもには、ほんの少しの「手間」をかけてあげることって大切ですね。あんなに喜ぶんだなぁと思うと、短時間の作業でも、子どもと向き合う時間ってとても大切。出来上がったケーキは、切らないでそのまま食べよう!という息子の意見を尊重し、みんなで、フォークで崩しながら平らげました(笑)

ところで、一昨日は、お客様から嬉しいニュースを頂きました。ベトナム出身のお客様から帰化申請が許可になったとのこと。
実はこの申請、私が下の子を妊娠中にしたもの。当時お腹にいた子も、もう2歳を過ぎました。帰化申請当時、法務局の職員から、ベトナムは国籍離脱の許可がおりるのに、何年かかるかわからないと言われており、ある程度の覚悟は決めていたものの、本当に長かったです。
当時のことで私が印象的なのは、帰化申請時の提出書類の一つで、お母様から子の国籍離脱を認める旨の実筆の書面を頂くのですが、、、この書面を日本語翻訳しながら、自分が産んだ子の国籍離脱を認める母の覚悟に様々な思いを巡らせました。もし、いつか自分の子が国籍離脱をしたいと言ったら、すんなり認められるかなぁとか。とは言え、子でありつつ、人生を選択していくのも子自身。今から、いつか子離れする覚悟をしておかないといけませんね。
一方では、一瞬、面倒くさいなぁなんて思うときも勿論ありますが、、、子ども達には、ほんの少しの手間をかけてあげられるよう、もうちょっと私の努力も必要かな。
こ~んなことを考えている今日この頃ですので、この前に日曜日は、子ども達とちょっと面白いもの作ってみました!以前から、ネット上でママ達の力作を見ていて、是非やってみたかったんです(笑)
DAISOの100円イスに、ビニールテープで顔をつくり、出来上がったコッシー!!子ども達のテンションも急上昇。ふとした時に、コッシーにちょこんと座ってます(笑)

子育てと仕事のバランスの取り方。今は、これが私の最大の課題です。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 行政書士・メンタルケア心理士)
吉田美如行政書士事務所 

貴女にそっと寄り添い 笑顔をお届け

女性や外国人の方々の離婚・慰謝料請求、国際業務に関わるお仕事が主です。ホスピタリティあふれる女性法律家として、みなさまの心強い味方となり、ストレスや悩みから解放できますよう、真心こめて丁寧にお手伝いさせていただきます。

カテゴリ 「法務相談」のコラム

占い信じますか。(2016/02/07 18:02)

専門学校いきのこり術か⁈(2015/10/25 02:10)

あめとむちな月末(2015/10/09 01:10)