高濃度茶カテキンは危険 - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
 すでにご存じの方も多いと思いますが、
高濃度の茶カテキンは、海外で死亡事例や肝障害の報告があります。

肝障害だけでなく、肝臓移植に至ったケースもあります。

カナダやフランス、スペインでは発売が禁止され、
アメリカでは、詳細な注意書きを加えて発売されています。

プラス トクホの審査では発がん性まで指摘されています。

もうこれだけ証拠がそろっていますが、厚労省は何もいいません。

真夏日が続くこの頃、高濃度カテキン茶ばかり飲んでいると
肝障害が心配です。

是非、リンク先の記事を読んで、高濃度茶カテキンを飲むかどうかを
判断してください。

高濃度茶カテキン茶は危険!脂肪燃焼のウソ?肝障害の恐れ、海外では販売中止
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。