いつかある奇跡~言葉は、あとからやってくる~ - お金・生活の不安 - 専門家プロファイル

オフィス石川 代表
高知県
ファイナンシャル・プランナー
090-9772-0733
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

いつかある奇跡~言葉は、あとからやってくる~

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. お金・生活の不安
FPとしての使命 福祉分野での活動

こんにちは、石川です。

 

お正月も3日目ですが、どんな毎日をお過ごしでしょうか?

 

この3日間に毎年恒例の行事があります。

 

一つ目は、親戚の家で、皆で飲んで、騒ぐことです。

 

子供達も従兄弟と触れ合ういい機会です。

 

もう一つは、今回のテーマでもあるわけですが、気の置けない旧友数人と会うことです。

 

 

 

旧友におこったこと、そして自分が何ができるのか、ということ

 

この旧友たちは、中学校からずっと付き合いのあるメンバーで、過去をわいわい語り合うだけでなく、本人のためになることも「ずばっ」と言い合う間柄です。

 

盆と正月に会うようにしていますが、メンバーが全て揃う事も、高校卒業30年経つと、少なくなってきました。

 

私にとって、このメンバーはとても大事な「仲間」「戦友」のようなものなんですが、そう感じるのには理由があります。

 

私、高校卒業後、何を血迷ったのか、東京で浪人生活をすることにしたのです。

 

詳しいいきさつは省きますが、簡単に言うと、修学旅行で、「東京の魅力」に取り付かれてしまったのです。

 

そんな私は、東京の浪人中に、受験の失敗から「引きこもり」状態になってしまいました。

 

しかも3年間も!!

 

結果的に3年かかり、やっと大学に入学しましたが、私はいわゆる「地方の進学校」の出身なので、その自堕落したような「なりの果て」をさんざん皮肉られたものですし、そういう私から離れていったかつての同級生も沢山いました。

 

しかし、このメンバーは、そんな私を見捨てることなく、今まで通りに付き合ってくれました。

 

ですから、私にとってはとても大事な人たちなんです。

 

そんな仲間の一人に、昨年、大きな災難が降りかかりました。

 

仕事中に労災事故にあってしまい、下半身を数箇所骨折して、長期入院してしまったのです。

 

彼に昨年会った時のことは、強烈なインパクトで憶えています。

 

杖が手放せなくなり、数メートル歩くのでも苦痛に顔がゆがんでいました。

 

リハビリもしていましたが、それも上手くいかず、苛立ちが最高潮に達していました。

 

事故のショックからか記憶も曖昧で、頭もうったらしく、ぼーとしていて、彼の顔には笑顔が消えて、まるで鉛色に見えたのです。

 

長期入院を終えて、実家に帰って来ていたので、飲みにも行きましたが、自暴自棄になっていて、いつものメンバーも心配していました。

 

次の日、実家で寝ている彼を訪ねました。

 

ご高齢のお母さんが「何とかしないといけないけど、私も体調が悪いので。。。」と心配していたのが、心に突き刺さりました。

 

なんとかしないと。

 

どうしよう、なんと声をかけよう。

 

暫く、無言の本人の横で、考えました。

 

「とりあえず、ここで少しずつ、リハビリしたら、お母さんも安心やし」

 

無言でした。

 

そうだ、何か気がまぎれることを。。。

 

彼の趣味を思い出し、その趣味を行かせるボランティアでもしないか、と誘いました。

 

高齢者や、障害のある人に、逆にサポートすることで何かを感じてもらえれば。

 

無言でした。

 

その時に私が作り上げていた、福祉分野での人脈を駆使して、何とかできないだろうかと、それからもいくつも提案しました。

 

「色々、すまんねぇ。でも、今の体では、そんなこと考えられないから」

 

そうです、私には彼の「痛み」「悲しみ」「恐怖」「後悔」「諦め」などの感情が理解できるわけがありません。

 

出すぎたことをしてしまった。。。。

 

凄く心配でしたが、ひとまず、別れました。そして、時間が解決できる可能性にかけることにしました。

 

その彼に暫くぶりに、仲間との新年会で会いましたが、そんなことがあったことすら思い出しませんでした。

 

そうなんですね、凄く「元気」だったのです。

 

大声で笑い、冗談をいい、歌い、数時間を過ごしたのです。

 

その事実に気付いたのは、かなり酔いが回ってからでした。

 

2人でタクシーでかえっているときに、彼がこういいました。

 

「あの時はありがとう。いろんなことを勧めてくれて、本当にありがとう。あの時はそれに応えることが出来ずに、本当に申し訳なかった。でも、ちゃんと聞いていたよ、全部」

 

胸が熱くなりました。

 

よかった、伝わっていたんだ。

 

凄く迷惑ではないかと思ったけれど、自分のできることをなんとかできないだろうか?

 

その想いだけで、あの時は喋りました。

 

でも、よかった、本当に。

 

 

 

奇跡を諦めるのは、いつでもできる!!

 

私には軽度知的障害の小学生の娘がいます。

 

発達が遅れているので、色んなことができません。

 

その娘に対して

「これ、言ってもわからないかもしれない?」

と諦めることもあります。

 

しかし、彼の一件で、眼が覚めました。

 

確かに、今は、親が必死でサポートすることに、彼女は自分の気持ちを言い表せないのかもしれません。

 

それゆえに、どんな想いなのかがわからず、彼女に伝わっているんだろうか、と心配になったり、不安を覚えたりしてしまいます。

 

でも、彼女の想いを数年後に聞く事ができるかもしれません。

 

その時期が「今」ではないだけかもしれません。

 

そんな事を今回のことで学びました。

 

 

 

以上、新年の奇跡のお話でした。

 

ではまた、お会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(高知県 / ファイナンシャル・プランナー)
オフィス石川 代表

「お金の不安」を解決します

ファイナンシャル・プランナーがあなたにできることは何でしょうか?私は、皆さんが「豊かにいきる」ためにお力になることが、ファイナンシャル・プランナーの存在意義だと思います。そのために、私は何ができるのか、それを探し続けてまいります。

090-9772-0733
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「FPとしての使命」のコラム

このコラムに類似したコラム

長い休暇をいただきました。今日から再スタートです。 栗原 那桜 - キャリア研修コンサルタント(2016/04/10 19:15)

*感じたことを「使う」* 田中 よしこ - 心理カウンセラー(2015/07/01 19:13)

*自分は赦すことができる* 田中 よしこ - 心理カウンセラー(2015/01/29 18:38)

【お悩み相談】バツイチのあの人が心配です 中西 由里 - 夫婦問題カウンセラー(2014/07/21 20:00)

コップの水 ヾ(`・ω・´)b 月森 涼慈 - 恋愛アドバイザー 防犯アドバイザー(2014/04/27 23:31)