公共交通の事故率 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

野平 史彦
(建築家)
奥山 裕生
(建築家)

閲覧数順 2017年11月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

公共交通の事故率

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中
かつて公共交通は安全な乗り物として安心して利用していましたが、ここ数年事故が多発しているように思います。

・高速バスの事故

・旅客機の事故

・電車の事故

・タクシーの事故


比べてみると、乗り物自体のトラブルというより操作側のミス(人的ミス)による原因が殆どのようです。


船の事故も積荷の過積載だとか、全て運営会社側内部の問題から生じているので、利用者側は選びようがありませんね。。


最近は、トラブルを考えて乗る場所・位置にも気をつけるようになってきました。









カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

Guns N' RosesとBABYMETAL(2017/01/29 00:01)