パパにまた会いたいね。 - 書類作成・申請 - 専門家プロファイル

吉田美如行政書士事務所 
東京都
行政書士・メンタルケア心理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:法律手続き・書類作成

折本 徹
折本 徹
(行政書士)
折本 徹
折本 徹
(行政書士)
小平 直
(行政書士)
吉田 美如
(行政書士・メンタルケア心理士)

閲覧数順 2017年04月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

パパにまた会いたいね。

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 法律手続き・書類作成
  3. 書類作成・申請
法務相談 外国人


本日も、ブログにご訪問くださり
ありがとうございます。
うちの子の話なのですが
最近、毎週月曜日、決まってあることを言います。しかも、朝の登園時に自転車の後部座席から大きな声で。今日は、火曜日ですが、、、また言われてしまいました。。。
「パパと会えてうれしかった~」「また、パパと遊びたいね~」「また来週、帰ってくる~?」
ちょっと待ってよ~、その言い方。パパも、ちゃんと同居していますから!
子どもと父親の生活時間のズレ。子どもにとって、一緒に住んでいてもお仕事がある日は、家には「いない」と感じているみたいです。子どもって、厳しいな~。
最近の息子とパパの会話。パパ「いま、なんじ~?」息子「いち大事~」
って、妖怪ウォッチごっこばかりしている場合じゃないですよ。パパさん、子どもの気持ちもうすこしだけ、感じとってね。
ところで、近頃テレビや新聞で度々目にする「ハーグ条約」って、ご存知でしょうか。
今や国際結婚をしている日本人は、結構多いと思いますが、、、それとこれが、どんな風に関係してくるのか?
これは国際結婚の破綻の末に、子どもが居住国から連れ去られるという事例があります。例えばですが、国際結婚でアメリカで暮らしていたが、離婚により、日本人である母親が、アメリカ人の父親の合意もなく、日本に子どもを連れて帰国した場合、たとえ自分の子どもであっても、母親による「誘拐」となってしまうことが起こりうるのです。
簡単に言ってしまうと、子どもを元の居住国に戻し、話しあい、奪い合いから子どもを守りましょう、というのがハーグ条約です。これにより、アメリカ人の父親から、子どもを返して欲しいという申請があれば、外務省から自治体、警察などと協力して子どもの所在確認をするシステムがスタートしたのです。このケースとは逆に、日本から子どもを連れ出されたという場合にも、この申請が可能です。
実は、日本がハーグ条約の加盟国となったのは、今年です。2014年4月1日から発効ですので、この日以降に連れ去られた場合に、「子どもを返して欲しい」という申請をすることが可能となりました。
私も国際結婚の手続きにも関わることが多いですし、日本で子ども が誕生するケースもたくさん扱って参りました。また、離婚の場面にも多数関わっております。
日本が、ハーグ条約の加盟国になったことで、こうした子どもをめぐる問題は、今後増えてくるのだろうと考えております。
とは言え、
ご夫婦がいつまでも幸せでいられるこれが何よりも、子どもの幸せですね。
本日も、最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。 
  

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 行政書士・メンタルケア心理士)
吉田美如行政書士事務所 

貴女にそっと寄り添い 笑顔をお届け

女性や外国人の方々の離婚・慰謝料請求、国際業務に関わるお仕事が主です。ホスピタリティあふれる女性法律家として、みなさまの心強い味方となり、ストレスや悩みから解放できますよう、真心こめて丁寧にお手伝いさせていただきます。

カテゴリ 「法務相談」のコラム

占い信じますか。(2016/02/07 18:02)

専門学校いきのこり術か⁈(2015/10/25 02:10)

あめとむちな月末(2015/10/09 01:10)