出張で疲れる原因(2) - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

川井 太郎
(整体師/あん摩マッサージ指圧師)
川井 太郎
(整体師/あん摩マッサージ指圧師)

閲覧数順 2017年02月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
前回に引き続き、出張で疲れる原因を説明して行きます。

①移動の時にもらう邪気
出張では、
・飛行機
・新幹線
・車
といった手段で移動することが多いと思います。

原因を列記していくと、
・スピードが速いことで、体にかかる重力が強くなる。
・高いところにいることで、体が緊張する。
・長い間同じ姿勢をすることで、血流が悪くなる。
・席に邪気がついている。
・エアコン管理で、空気に邪気が多い。
・電気の邪気が部屋に充満している。
・近くに座っている人がたくさんの邪気を出している。
・飛行機の機内食に邪気が多い。
・飛行機のブランケットに邪気が多い。

これらの中で、一般の人でも対応できることについて軽減する方法を言うと、

・機内食が変な味だと思ったら食べない。
・酸化しやすいコーヒーより、紅茶を飲む。
・体をほぐすために、手や足の指もみをする。
・貸し出しのブランケットは、変な感じのするものを避ける。
・車の場合は、こまめに窓を開けて空気を入れ替える。

さすがに隣に邪気が強い人がいる場合は、一般の人には対応方法がないので、席を変えるということが可能であれば、そうしたほうが良いと思います。

そういう意味では、通路側に席をとっておいたほうが安全です。

次回に続きます。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。