台風19号と住宅の仕様 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

台風19号と住宅の仕様

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

二週連続で時期外れの台風が上陸ともなると「偶然」ではなく、異常気象は今後もあるものとして住宅設計をすべきだと感じます。





地震国であることから「耐震」は一般的になりましたが、今後は

暴風に対する仕様

大雨による周囲が浸水することに対する仕様

停電時に対処できる仕様


など地域によって住宅設計する際、考慮するポイントを押さえたいものです。

バリアフリー住宅というと、1階床と屋外地面との高さを抑えたくなりがちですが、浸水が予想される地域では基礎高にしリフトなどの導入をすることで解消することも1つですね。



台風19号は深夜に関東を通過しそうですが、朝になって停電していることも想定し、浴槽に水を溜めておくなどしてトイレ対策などしておくと安心です(^^)





カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

高血圧と生活習慣病(2016/12/09 00:12)

入院時の必需品(2016/12/07 00:12)

高齢者の事故(2016/12/06 00:12)

2017年の祝日は。。(2016/12/05 00:12)