成”幸”学の専門家「当たり前を有り難いに・・・」 - 飲食店経営全般 - 専門家プロファイル

杉山 春樹
株式会社フード&サクセス 会長&事業プロデューサー
静岡県
飲食店コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:飲食店経営

平岡 美香
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
田川 耕
(飲食店コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

成”幸”学の専門家「当たり前を有り難いに・・・」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 飲食店経営
  3. 飲食店経営全般



昨日、東京駅で高校生が『赤い羽根』の募金活動をしていました。

「ご協力お願いします」と大きな声で通行人に呼びかけていました。

この声を聴くと
「ああ!!、今年もこんな季節になったんだなぁ」

「今年も、あと3ヶ月だ。よし頑張ろう!!」と言う気になるのは
僕だけでしょうか?

今日は、お釈迦様の教えから学びたいと思います。

私は決して仏教家ではありませんが良い教えは学びたいと思います。


『当たり前を有り難いに・・』


「闇」には、「光」に対抗する力は「ない」そうです。

だから「光」があるときは「闇」は「ゼロ」。

「光」がなくなったときにだけ「闇」が生まれるのです。

「光のあるところ」には、「闇は存在しない」のです。

影は存在しますが闇は決して存在しません。

心に闇があるのであれば、
心に光を当てれば「闇」はすぐに消滅してしまいます。

例えば、

辛いこと、心配事、後悔ごとを考えると光が無くなり闇になります。

そういう時には、少し頑張って
楽しかったこと、楽しいことを思いだしたり、

身の回りの可愛いもの、きれいなもの、美しいものを見ましょう。

ようは、ウキウキ、ワクワク、することを考えたり、行動しましょう。

すると、光が訪れ闇は消えます。

そして、心に光がない時は「感謝の量」よりも「不満の量」が多いはずです。

心の光は不満で消されるからです。

今が、「どれだけ幸せであるのか」をいくつ言えますか。

その数が「心の光の数」、「心の光の大きさ」です。

「ありがとう」

「ありがとう」

朝、元気に目が覚めて有り難い、「ありがとう」

目が見えて有り難い、「ありがとう」

今日も歩けて有り難い、「ありがとう」

ご飯が食べれて有り難い、「ありがとう」

自分を産んで育ててくれた父さん、お母さんがいて有り難い、「ありがとう」

「ありがとう」の数が心の明るさなのです。

立てる、

歩ける、

持てる、

走れる、

仲間がいる、

住む家がある、

国がある、

しかし、世の中にも「ないもの」があります。

それは、「当たり前ということ(もの)」、

「当たり前のこと」など世の中には存在しないのです。

私たちは、今日も「奇跡の中で生きている」のです。

いや、「奇跡の中に生かされている」のです。

だから、「何があろうが」、全てに「ありがとう」なのです。

「言葉はちから」です。

辛い時、苦しい時こそ「ありがとう」と感謝の言葉を発しましょう。

口にした感謝の言葉が「光」となり、心の闇を消すことでしょう。

さあ!!、今日も、

「言葉のちから」を信じて

明るく、元気に、

「感謝の言葉」と共に

ウキウキ、ワクワク、光の中に生きましょう。

大丈夫!大丈夫!

あらゆる点で一層良くなる!

必ず良くなる!

良かった!良かった!

ツイてる!ツイてる!

ありがとう!

素晴らしい仲間達と

共に生き!!

共に歩み!!

共に成長しましょう!!

 |  コラム一覧 |