児童福祉と家庭環境 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

児童福祉と家庭環境

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

先日の独立型社会福祉士研修では、今後スクールソーシャルワーカーの需要が高まるお話がありました。


臨床心理士との棲み分けも話しにあがりましたが、どれだけ「児童分野」に精通しているかが決め手になると思います。


お子さんの発達障害に周りが気づかず本人が苦労しているケースや、子供のうつ病など、児童福祉分野は今後、より世の中に認知されるべき分野だと感じています。



大人とは違う子供のうつ病の症例 暴力的になることもある
 ストレス社会の進行により大人のうつ病に注目が集まっているが、実は子供のうつも確実に増えている。北海..........≪続きを読む≫[アメーバニュース]



学校生活の状況を把握できる環境下にあるスクールソーシャルワーカーに、親子で相談できるようになれば、学校側と家庭のそれぞれの対応策が見つかる日も近いですねv











カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

Guns N' RosesとBABYMETAL(2017/01/29 00:01)