不妊と骨盤内うっ血症候群との因果関係 - 冷え性・婦人病 - 専門家プロファイル

いわさき痛みの整骨院 院長
東京都
柔道整復師
042-529-5123
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不妊と骨盤内うっ血症候群との因果関係

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 冷え性・婦人病

不妊治療において体外受精(ART)を第一選択治療とする場合が多く、それと比例して体外受精頻回不成功例(PFP:repeated-failure patient)の患者も増加傾向にある。
そして持続する下腹部の鈍痛や慢性の疼痛(痛み)を訴える症例には、頻回の採卵手術経験者が含まれる。
なお原因疾患として子宮内膜症の悪化、採卵後腹腔内血腫形成、腹腔内癒着、慢性骨盤症候群(CPP)などが多く認められるが、これら器質的疾患を除外した慢性的な下腹部痛の中には骨盤内うっ血症候群と診断される。
そして骨盤内うっ血症候群による疼痛(痛み)の除去が不妊治療成功の鍵であると不妊治療・不妊専門クリニック 医療法人社団暁慶会「はらメディカルクリニック」原利夫院長は語る。
岩崎アンチエイジングメソッド東京立川院では骨盤内うっ血症候群引き起こす、血液粘度の増加が原因とされる骨盤内臓器の静脈循環障害に対し、LLLT:内科的レーザー治療をはじめ、5μsecのパルス光で1発光あたり18Jの高エネルギー照射が可能なキセノン光を積極的に使用、慢性疼痛の除去や血流改善作用など臨床的に良好な治療成績となっており、通常の高度生殖医療(不妊治療)において採卵前の予防として統合医療(LLLT)をお勧めする。
http://www.iwasaki-laser.net/hikari/


イメージ画像

日本レーザーリプロダクション学会 理事長/大城クリニック院長 大城俊夫 医学博士 著 レーザー活性化治療『驚きの妊娠率」 




 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 柔道整復師)
いわさき痛みの整骨院 院長

痛みとストレスをテーマに心と身体にやさしい治療をめざします

わたしは物理工学の分野である「波長」や「周波数」「共鳴振動」を治療技術に応用し、複合ストレス=「氣」の停滞が原因とされる未病(微小循環障害または末梢血行障害)に対してQOLを重視した全人的かつ人間主義の統合的治療を展開しています。

042-529-5123
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 「痛み」相談窓口

慢性疼痛・筋骨格性疼痛・スポーツ外傷

料金
2,858円

柔道整復師(接骨師)の立場から各部の痛み、体の不調について原因を探り、「痛み」の解決に繋がるように的確なアドバイスを行う。

「痛み」相談窓口

このコラムに類似したコラム

卵巣を温め機能アップに貢献する筋ポンプ入浴法 奈良 修次 - 鍼灸師 臨床検査技師(2014/03/27 18:53)

9/23 渋谷takeoff7 『LlVE!LlVE!WINGS』/協賛 レッドブルジャパン ① 岩崎 治之 - 柔道整復師(2016/10/03 12:45)

2017 ミスユニバースジャパン 愛知大会 キックオフ ③ 岩崎 治之 - 柔道整復師(2016/07/21 14:26)

2017 ミスユニバースジャパン 愛知大会 キックオフ ② 岩崎 治之 - 柔道整復師(2016/07/16 20:53)