江戸時代のムダ毛事情。。。 - パーソナルスタイリング - 専門家プロファイル

関根 もえな
Waxing Reina 代表
東京都
パーソナルスタイリスト
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

江戸時代のムダ毛事情。。。

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. パーソナルスタイリング
Waxing Reina 御挨拶
いつもありがとうございます。
ブラジリアンワックス専門サロンWaxing Reinaオーナーの
関根もえなです。

今日は昔話。
江戸時代の脱毛のお話をしたいとおもいます。

ムダ毛は現代人だけの悩みではないんです。
江戸時代、火消しや鳶職の方は褌姿で仕事をしました。
その際に「褌から毛がはみ出るのは粋じゃない!」
と言い、下の毛の処理をしていたんです。
当時のお風呂屋さん『湯屋』には
毛切り石という拳くらいの石が二つあり、その石に毛を挟んで
擦って毛を切っていたんですね。。
剃ったり、刃物で切るとチクチクするからだそうです。
また、毛先をお線香で一本一本焼いたり・・・・


女性ももちろん脱毛をしていました。
なんと、江戸時代にも脱毛クリームがあったんです。
木の実から取った油と軽石を砕いて粉末にして練ったものを、皮膚を擦って摩擦で切るというものでした。
ちゃんとアフターケアもしていたんですよ!
ウグイスの糞と化粧水を付けて保湿していたんです。。。

いつも時代もムダ毛はムダでしかなかったんですね!
現代はお線香で焼いたりしないでも
ワックス脱毛があるのでチクチクしません(笑)

江戸の人たちは本当に清潔でお洒落だったんですね!



http://waxingbeauty.com

ブラジリアンワックス
アンダーヘアー処理
アンダーチクチク