内装の仕上に考えるべきこと - 確定申告 - 専門家プロファイル

湯沢 勝信
東京都
税理士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

内装の仕上に考えるべきこと

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 確定申告
医院開業
 医院の内装が完成し、引き渡しを受ける時に最後に考えていただきたいことがあります。それは、一つは患者さんの立場に立った使いやすさということです。たとえば靴を脱いで入る医院であれば、靴を脱ぐときにお年寄りの患者さんは腰をかがめると思いますので、そこにつかまる手すりをつけるとか、低いいすをおくとかです。また、会計の時に患者さんが荷物をおけるようなスペースをカウンターのところにもうけている医院もあります。
こういうちょっとした工夫は、なかなか全体を設計している時点では見落としがちです。また、待合室のインテリアの関係で言えば、待合室にいろいろなディスプレイをするための、棚を作るというのもいい方法です。これからの待合室は、ただ診察を待つための部屋というよりも、患者さんをあきさせないショールームというイメージを出していくことが大切だと思います。そのためには、そういう演出ができるスペースが必要です。これを内装の仕上げの段階で是非作ってください。また、このたなに関しては、空間の有効活用となりますので、院内をぐるっと見回してみて目障りにならないところに、出来るだけ沢山つくれば、収納がそれだけ増え、使い勝手がぐっと向上します。内装の仕上げの段階でもう一工夫した時点が本当の完成時点です。