多接多動で認知症予防 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

安藤 美樹
(建築家)

閲覧数順 2017年11月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

多接多動で認知症予防

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

最近、認知症に関する番組が多くなってきました。

認知症予防には「運動」だとか「嗅覚を鍛える」などいろいろ紹介されてますが私自身がいろいろなお客様とお会いして感じることは、多くの人と会っていたり よく行動するお年寄りのかたは認知症になりにくいという持論があります。

「多接多動」で良いのは、人の名前を思い出したり曜日や日時を常に念頭に置くので脳の活性化に繋がるということになります。

確かに認知症確認検査では、短期記憶や日時の質問があるので 行動を司る「前頭葉」と記憶を司る「海馬」を活性化させておくことは大切ですね。

家に篭りがちになると良いことはないので、外出しやすい住環境・友人などを招き入れやすい住環境にすることが、建築における認知症予防のテーマになると思っています。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

Guns N' RosesとBABYMETAL(2017/01/29 00:01)