家づくりの始まり方 - 住宅資金・住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

佐藤 陽
FPオフィス ケルン 
千葉県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家づくりの始まり方

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅資金・住宅ローン全般
住宅取得相談専門FPオフィスケルンのさとう よう です。

いつからか5月は運動会の季節なんですね。
自分の頃は10月でしたので、なんだかピンと来ません(苦笑)
秋のように過ごしやすい季節ではありますが、新年度始まって間もないのに大変だなと感じてしまいます。

さて季節とは関係ありませんが、先日、住宅展示場を見学してきました。
仕事を意識したわけではなく、ただ小学生の娘が見てみたいと興味を示すので行ってみただけです(笑)

元住宅メーカーの営業マンである自分としては建てる気もないのに週末の住宅展示場に行くことはどうも仕事の邪魔をしているようで気が乗りませんでしたが、情報収集も含めていってみました。

さっと一通り外観を見て回り、娘が入りたいと言ったとある大手メーカーに入りました。
玄関前にいた女性スタッフに案内され、建物内に通されると、営業の男性が近寄ってきます。
にこやかにあいさつをして、展示場の概要を説明され、順に部屋を案内されます。
ところどころポイントを押さえて案内をし、こちらの情報も聞き出してきます。

マンションを持っていて、建てる気はないと匂わそうかと思っていたのですが、そうすると一気に営業マンの案内のテンションが下がるのは目に見えているので、実家を二世帯住宅に建て替える可能性があると匂わせながら説明を聞きます。

感想は正直、成績の良い営業マンだろうなと感じました。
なぜなら、自社の強みや特徴を分かりやすく伝えると同時にこちらの情報も自然と引き出していきます。他社を中傷することなく、費用が安いのには理由があるから気を付けた方が良いと競合対策も施してきます。
そして、その場である程度の状況を整理して、「こんなのはどうですか?」や「こんな進め方もできますよ」などと家族内の意見がまとまっていないという設定を上手にまとめる方法を提案してくれます。

本当に家づくりを考え始めたお客さんなら、「ちょっと資料だけつくってもらおう」 「敷地だけ調査してもらおう」となりそうな雰囲気になりそうです。

「ちょっと・・」のつもりが数週間後には「今月中に契約を・・」と迫られる事態になりかねない、家づくりのスタートです。
やはり興味本位で住宅展示場には行ってしまうとは思いますが、まずはしっかり家づくりの流れを知って、自分のペースを考えて、付き合うことが大切です。
何より自分を見失わないように(笑)

家づくり始める前に展示場に見方などもアドバイスしています。
家づくり相談はこちら ブログを見たと伝えていただいた方は5000円 → 3000円でお受けしています。


 |  コラム一覧 |