「どうしてお酒がやめられないのか」が問題です - 冷え性・婦人病 - 専門家プロファイル

sekimura鍼灸院 鍼灸マッサージ師
鍼灸マッサージ師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

川井 太郎
(整体師/あん摩マッサージ指圧師)
川井 太郎
(整体師/あん摩マッサージ指圧師)

閲覧数順 2017年02月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「どうしてお酒がやめられないのか」が問題です

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 冷え性・婦人病
鍼灸治療 産科 婦人科 不妊治療 鍼灸

障害の原因になることも! 妊娠中の飲酒が赤ちゃんに及ぼす影響5つ
【女性からのご相談】

結婚一年目です。できたら早く子どもが欲しいのですが、実はお酒が大好きで、妊娠..........
≪続きを読む≫[アメーバニュース]


当院でもよく話す話題です。

妊娠の準備は何ヶ月も前から。

心とからだづくりを心がけていく

そういう習慣をもってくださいとお伝えしています。


しかし、この方のように、

止められないことがストレスになりますね。


私は、

すぐに止めなくていいとおもいますよ。

と、お話しています。


まず、結果として飲まなければ生きていけないのか?

そこまでではない方
そこまでに近い方

にわけます。


生きていけない方もおられます。
そういう方には、すぐに止めてもらいません。



アルコールは、気力でやめられるものではなく、
体が欲しているから止められないと考えます。


それは、多くの場合

体が緩まない状態が続いていると
どうしてもやめられない。


のです。


多くのビジネスマンやOL、主婦のかたもストレスで
体ががちがちなのです。


ストレスをなくすことも
難しい。

なにか代替になるものを探し、
アルコールを止められる体に変化させないと
止められませんね。


また、書きます。


関村順一

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(鍼灸マッサージ師)
sekimura鍼灸院 鍼灸マッサージ師

次こそは妊娠したい!赤ちゃんを授かる身体になる為に

赤ちゃんを望む女性の為、西洋医学の治療をして、それでも授からない女性の為に女性治療師7名とともに鍼灸治療を頑張っています。生理痛も鎮痛剤で我慢を続けていると将来の不妊の原因に。ぜひ一度お越し下さい!

カテゴリ 「鍼灸治療 産科 婦人科」のコラム

ヨガの本のご紹介(2016/01/29 10:01)

初日の出(2016/01/01 11:01)

今日が年内最後の鍼(2015/12/29 10:12)